横浜で目の下のたるみ取りが上手い医師を見つけるコツ

横浜で目の下のたるみ取りをした女性のイメージ
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

目の下のたるみがひどくなると、「疲れて見える」、「老けて見える」といったマイナスなイメージを与えてしまうことがあります。メイクでカバーしようにも限界があり、マッサージなどのケアでは根本的な解決に至りません。それどころか悪化してしまう可能性もあります。しかし、目の下のたるみ取りによって原因に対して直接アプローチすることにより、たるみを確実に改善することができます。
そこで今回は、目の下のたるみ取りが上手い医師を見つけるコツをご紹介します。特に、国内でも数多くの美容外科が集まっている地域のひとつである横浜にお住まいの方に向けてお伝えしていきます。目の下のたるみ取り以外の施術でも使える医師選びのポイントも解説しているので、少しでも気になるという方はぜひ最後までチェックしてみてください。

横浜みなとみらい院のクマ取りの詳細

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下のたるみ取りのご予約はコチラから⇒


fierce battleground

横浜は美容外科激戦区

先ほど説明したように、横浜は国内でも美容外科が多い地域の一つです。これらの地域は美容外科激戦区と言われるほど活気があり、横浜の他には東京や大阪、名古屋などが該当します。美容外科の数が多くなるということは、必然的に美容外科あるいは医師の間で競争関係が生じ、技術力やサービスの質などが磨かれていくということです。そのため、施術に関してはもちろんのこと、総合的に高い満足度を得られる可能性が高くなります。

しかし、美容外科の数が多いと選択肢も増え、どの美容外科・医師を選べばいいのか迷ってしまうという問題が発生してしまいます。美容整形にはどうしても失敗やリスクといったよくない印象を持っている方もいらっしゃるかと思いますが、だからこそ美容外科・医師選びはとても大切です。
リスクを極限まで抑えた上で満足のいく結果を手に入れるための一番の近道は、腕のある医師に施術を任せることです。「医師選びに自信がない」、「やり方がわからない」という方は、今回紹介する方法をぜひ試してみてください。

cause

目の下のたるみの原因

眼窩脂肪の図解

結論から述べると、目の下のたるみの原因はいくつかの要因が複合的に作用することによって生じます。
多くの方が年齢だけが原因であると誤解していますが、年齢に関係なく多くの方が目の下のたるみに悩まれているのが現状です。実際に若い方でたるみが気になると言う方や、反対に、年齢を重ねてもいつまでも若々しく、たるみが目立たない方もいらっしゃいます。ではその違いは何なのか、具体的な原因について解説していきます。

目の下のたるみの原因はすでに医学的に解明されており、加齢による皮膚の弾力の低下ももちろん一因ではあります。加えて、眼窩脂肪の突出や下垂、筋力の低下やむくみなどの皮膚内部の組織も関係しているのです。さらに細かいところで言うと、アルコールや喫煙、睡眠不足や食生活と言った生活習慣まで考えられます。目の下のたるみ取りでは、これらの原因を正確に理解し、それぞれに適した施術方法を見極めることが重要です。

cause

目の下のたるみが原因で生じるクマ

クマにはいくつかの種類があり、その中には目の下のたるみが原因で生じるクマもあります。ここからは、目の下のたるみが原因で生じる「黒クマ」と「赤クマ」について解説していきます。

黒クマ

黒クマのイメージ

黒クマは目の下のたるみが原因で生じるクマのひとつです。目の下にある眼窩脂肪の突出や加齢による皮膚の凹みやたるみによって、目の下に影ができた状態のことを指します。
これらの症状を改善するためには、目の下の脂肪を除去・移動する、あるいは凹みがある場所に脂肪を注入する治療が推奨されます。

赤クマ

赤クマのイメージ

赤クマとは、目の下が赤く膨らんだ状態のことを指します。この赤みの原因は、眼窩脂肪の突出による眼輪筋の透過です。目の周囲には眼輪筋という筋肉があります。眼窩脂肪が突き出ることで、眼輪筋が圧迫され、筋肉の色が透けて見えてしまうことで赤クマとして現れるのです。
赤クマの改善には、根本的な原因である突出した眼窩脂肪にアプローチする施術が効果的です。余分な脂肪を切除あるいは移植することで改善できます。

kinds

目の下のたるみ取りの種類

目の下のたるみの原因を説明している看護師

目の下のたるみにはさまざま原因があり、それらに対応する施術もいくつか種類があります。ここからは、経結膜脱脂、ハムラ法と言った具体的な手術方法をご紹介します。

経結膜脱脂

経結膜脱脂で眼窩脂肪を出しているところ

経結膜脱脂は、皮膚の裏側(結膜側)からメスを入れて脂肪を取り除く方法です。たるみやクマの原因となっている眼窩脂肪は本来、隔膜で覆われているため突き出ることはありません。しかし、加齢が進み次第に膜がゆるむと、脂肪が膜から出てきてしまいます。このポコっと膨らんだ脂肪を取り除くことで、クマやたるみを解消することができるのです。
経結膜脱脂は皮膚の表面に傷跡が残らないことから、「目の下の切らないたるみ取り」とも言われています。結膜からメスを入れることのメリットは、傷跡が目立たないことだけではありません。皮膚を切らないため、腫れなどの術後の症状が少なくなり、ダウンタイムも短くなるこから、他人から整形バレしにくい点も魅力です。
経結膜脱脂では、どれくらいの量の脂肪を除去するのかという見極めが非常に重要となります。見誤るとたるみが残ったり凹みすぎたりと不自然な仕上がりになってしまうため十分に注意してください。

表ハムラ

ハムラ法は、下まつ毛の生え際部分の皮膚を切開し、目の下の眼窩脂肪を皮膚の凹んでいる部分に移動する施術方法です。
ハムラ法のメリットは、脂肪のふくらみと皮膚の凹みを同時に解決できることです。加えて、加齢による皮膚のたるみが気になる場合には、皮膚の切除も同時におこなうことができます。移動させた脂肪は一度定着すると変化が起こりにくく、たるみが再発しにくいのも魅力です。
デメリットとしては、皮膚表面に傷跡が残るリスクがあること、ある程度のダウンタイム期間が必要になってくることが挙げられます。

裏ハムラ

裏ハムラは、まぶたの結膜部分にメスを入れ、眼窩脂肪を目の下の窪みに移動させる治療法です。表ハムラと同じく眼窩脂肪の突出と皮膚の凹みを同時に解決できる点に加えて、皮膚の表面に傷跡が残らない点が魅力です。そのため、ダウンタイム期間も短いと言う非常に魅力的な施術になります。
しかし、皮膚の切開を同時におこなうことができないため、皮膚によるたるみがひどい方は表ハムラや皮膚切開を勧められる可能性が高いです。また、表ハムラに比べて難易度が高い裏ハムラの施術ができる医師は全国的にみても少なく、扱っていない美容外科も多いため医師選びや美容外科選びでは苦労するかもしれません。

good doctor

横浜で目の下のたるみ取りが上手い医師を見つけるコツ

ここからは、美容外科激戦区とも呼ばれる横浜エリアで目の下のたるみ取りの名医を見つけるコツをご紹介します。

インターネットで口コミや評判を確認する

クマ取りの名医を探している女性

実際に施術を受けた人の意見というのは非常に参考になります。しかし、口コミの多くは主観的なものになってくるため、そのような意見は参考程度にとどめ、事実に基づいた情報を集めるようにしましょう。
これらの情報はブログや掲示板、SNSなどを通して簡単に集まりますが、重要になってくるのは情報の精査です。集めた情報の中には、美容外科側のサクラやステマ、あるいは悪目立ちしてしまうような極端な意見もあります。特にSNSで拡散されているような情報は、多くの人が反応しているため信じてしまいがちですが、あまり鵜呑みにしすぎないようにしましょう。ブログや口コミサイト、掲示板の他に、複数のSNSを活用してリサーチをおこなうのが効果的です。特に写真付きのレヴューがあれば信頼度が上がります。

医師の経歴や実績を調べる

医師の経歴や実績は医師の実力を示す指標の一つです。特に自分が受けようと考えている施術、今回であれば目の下のたるみに関する経験が豊富かどうかという点に焦点を絞って確認しましょう。
これらの情報は一定の信頼性が確保されているため、医師選びの際にはリサーチが必須となります。医師の経歴や実績は美容外科のホームページや医師個人のSNSなどに記載があるため、事前に確認するようにしてください。

症例写真をチェックする

横浜みなとみらい院の経結膜脱脂と脂肪注入の1か月後の症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
横浜みなとみらい院の経結膜脱脂と脂肪注入を同時に行った1か月後の症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
横浜みなとみらい院の経結膜脱脂と脂肪注入の1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
目の下のクマ取りの症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
目の下のクマ取りの症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
目の下のクマ取りの症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

症例写真は医師が実際におこなった施術の結果を視覚的に確認することができます。特に施術のビフォーアフターが確認できたり症例動画などがあれば、より分かりやすくなるでしょう。また、医師が得意とするデザインや美的感覚、どれくらいの変化があったか、施術の傷跡などを確認することも可能です。
美的感覚というのは意外にも重要な要素で、デザインに共感できるか、自分の理想と近いかといった点から判断することができます。技術力があり経験豊富な医師なら、一人一人に適したデザインで施術をおこなえますが、医師の趣向というのは無意識でも多少の影響があるものです。そのため、できるだけ自分の感覚と近い医師を選ぶことで失敗のリスクを減らすことができます。

カウンセリングを受ける

ここまで紹介した方法で情報を集めたら、いくつか良さそうな医師やクリニックが出てくるかと思います。その段階になったら、思い切ってカウンセリングを受けてみましょう。
カウンセリング時の対応や医師の説明、クリニックの雰囲気や清潔かどうかというのを実際に体験することで初めてわかることも多いです。最終的には医師との相性や信頼関係を築けそうかというのも大事です。そういったことを確認するためにもカウンセリングは有効です。
また、カウンセリングを受けたからと言って絶対に施術を受けなければならないというわけではありません。確かにカウンセリングや医師、患者どちらにとっても重要ですが、最初は話を聞いてみるくらいの感覚でカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

summary

横浜で目の下のたるみ取りをするならeクリニック横浜みなとみらい院

横浜みなとみらい院のエントランス

今回は、主に横浜近辺にお住まいの方に向けて目の下のたるみ取りについてや、たるみ取りの施術が上手い医師を見つける方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
eクリニック横浜みなとみらい院は、クマ取りやたるみ取りの施術を積極的におこなっております。難易度が高いと言われる裏ハムラのご用意もありますので、横浜でたるみ取りの施術を検討しているという方はぜひ一度当院までお越しください。

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下のたるみ取りのご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム