横浜でクマ取りが上手い医師を見つけるコツ

横浜でクマ取り治療をしたい女性
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

目元を暗く、疲れたような印象にしてしまうクマ。クマに悩んでいる方の多くは「睡眠時間やケアが足りないから」と考えがちですが、実はクマにもさまざまな種類があり、個人の努力では改善が難しいものもあります。
しかし、クマができる仕組みについては医学的に解明されており、どんなに厄介なクマであっても美容整形で改善できるということをご存知でしょうか。
原因ごとに異なる適切な施術方法をおこなうことさえできれば確実にクマを除去することができますが、クマの原因を見極めることができなければ効果を得られないこともあります。そのため、自分のクマのタイプに合った施術を見極めることのできる医師選びが重要となるのです。
そこで今回は、美容外科激戦区と称されるほど数多くの美容外科が集まる横浜で、クマ取りが上手い医師を見つけるコツについてご紹介します。興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

横浜みなとみらい院のクマ取りの詳細

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気のクマ取りのご予約はコチラから⇒

fierce battleground

横浜は美容外科激戦区

横浜みなとみらい院の経結膜脱脂と脂肪注入の1か月後の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

横浜は美容外科激戦区と称されるほど多くの美容外科が集まっています。このように数多くの美容外科が集まっている地域では、自然と競争が激しくなり、医師の技術やサービスの質が向上する傾向にあります。そのため、医師選びさえ正しくおこなえば、横浜ではかなりレベルの高い施術を受けることが可能です。
しかし、美容外科の数が多くなるというのは施術を受けるお客様側にとって良いことばかりではありません。美容外科の数があまりにも多すぎると、「どの美容外科や医師を選べば良いのか」の判断が難しくなります。特に初めて施術を検討しているという方は「普通の病院ならまだしも、美容外科の選び方なんて分からない」と苦戦してしまう方が非常に多く、誤った選択をして後悔するケースがよく見られます。

good doctor

横浜でクマ取りが上手い医師を見つけるコツ

ここからは、美容外科の数が多い横浜エリアでクマ取りの名医を見つけるコツをご紹介します。

医師や美容外科の口コミ評判を調べる

口コミ評判を調べている女性

SNSやネットの掲示板やブログを確認することで、医師やクリニックの評判や口コミを簡単に知ることができます。実際に施術を受けた方の意見は非常に参考になるだけでなく、情報を客観的に判断する際にも役立ちます。
しかし、一つの情報源に惑わされないように注意しましょう。複数の媒体から情報を得ること、反対の意見にも目を通すことなどが有効です。

美容外科が公開している情報を確認

クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (1)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (3)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
横浜みなとみらい院の経結膜脱脂と脂肪注入の1か月後の症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (4)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (6)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (2)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

基本的に、美容外科が公式サイトなどで公開している情報はすべて確認しておくことが望ましいです。美容外科医や形成外科医としての経歴や資格の有無はもちろん、目元整形の実績や扱っているクマ取り治療の数なども参考にしてみてください。クマ取り治療のなかでもっとも難易度の高いと言われる裏ハムラ法を修得しているかどうかは、医師の技術力を判断する上で非常に参考になります。
また、症例写真を確認してご自身のイメージする理想の仕上がりに近いかどうかを判断することも重要です。

カウンセリングを受ける

気になる医師を見つけたら、カウンセリングを受けてみましょう。カウンセリングを受けることで施術についての知見を深められるだけでなく、美容外科の雰囲気や医師との相性を確認できます。
最終的には、医師との相性や信頼できる医師かどうかが決め手になるでしょう。リスクやデメリットに関する説明もしっかりとおこなう医師、質問しやすい雰囲気や態度の医師、悩みに対して親身になってくれる医師は信頼できます。それらを確認するためにも、カウンセリングを受けた上で施術に踏み切ることが大切です。

kinds

クマの種類

前述したように、クマにはいくつかの種類があり、適切な施術方法も種類によって異なります。ここからはクマの種類について紹介します。自分のクマがどのタイプなのか確認してみましょう。

黒クマ

黒クマのイメージ

目の下のたるみや脂肪のふくらみによってできる影が原因のクマを「黒クマ」と呼びます。このような目の下のたるみやふくらみは、主に加齢が影響しています。加齢による皮膚のたるみによって皮膚に凹凸が生じ、その影がクマとなってしまうのです。目の下の脂肪のふくらみは涙袋ではなく、眼輪筋の衰えによって隔膜から眼窩脂肪が突出してしまうことが原因になります。そのため、自己流のマッサージなどをおこなって悪化することはあっても、改善することはありません。黒クマの改善には、皮膚のたるみや目の下の脂肪の除去や移動をおこなう施術が適しています。

赤クマ

赤クマのイメージ

「赤クマ」は目の下が赤く膨らんだような状態のクマを指します。目の下の脂肪が突出すると、眼輪筋という目の下の筋肉が圧迫されます。この筋肉の色が透けて見えてしまうことが赤クマの原因です。黒クマと同じく、脂肪の突出の原因として考えられるのは加齢になります。赤クマの解消には、目の下の脂肪にアプローチする施術がおすすめです。

青クマ

青クマのイメージ

「青クマ」は、所謂クマと聞いて思い浮かべるような、青く不健康なイメージを与えるクマです。青クマの原因は、長時間にわたるデスクワークやストレスによる血行不良、PCやスマホの使いすぎによる目の酷使や睡眠不足です。このような状態になると、毛細血管が透けて見え、青クマが目立ってしまいます。
青クマは自身のケアによって解消できることが多いです。まずは、十分な睡眠の確保や血行を良くするマッサージをおこないましょう。ご自身のケアでも改善が見込めない場合には、生まれつき目の下の皮膚が薄い可能性があります。脂肪注入などの施術で皮膚に厚みを与える方法が効果的です。

茶クマ

茶クマのイメージ

色素沈着によって目の下が茶色くくすんでしまった状態のクマを「茶クマ」といいます。茶クマの原因である色素沈着は、紫外線や摩擦によって生じます。目を強く擦る癖のある方や、日常的に紫外線をたくさん浴びる方は茶クマができやすいです。目元の皮膚は非常に薄く色素沈着が生じやすい箇所となるため、日頃から十分注意するようにしましょう。
茶クマは、レーザー治療や脂肪注入、メラニンの生成を阻害する内服などが効果的です。

kinds

クマ取りの施術方法の種類

クマ取りの施術をおこなう際に重要となるのが、クマの種類や原因に合った治療を選択するということです。ここからはクマ取りの施術方法の種類について解説します。

経結膜脱脂

【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

目の下の裏側の結膜という箇所にメスを入れて眼窩脂肪を取り除く施術を経結膜脱脂と呼びます。皮膚表面ではなく裏側を切開するためダウンタイム期間が短く、傷跡が目立たないというメリットがあります。
本来、眼窩脂肪は隔膜で覆われているため脂肪が突出することはありません。しかし、年齢を重ねるにつれて次第に膜が緩み、脂肪が隔膜から飛び出すようになると赤クマや黒クマの症状が現れます。経結膜脱脂ではこの脂肪を直接取り除くことができるため、確実にこれらのクマを改善することが可能です。
失敗しないポイントとしては、切除する量を医師にしっかり見極めてもらうことです。切除量を誤ると不自然な仕上がりになってしまいます。一人一人に適したデザインを設定できるかどうかは、経結膜脱脂において医師の技量が求められる部分です。

脂肪注入

目の下のたるみ取りと脂肪注入の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

ご自身の身体から採取した脂肪に特殊な処理を加え、目の下のくぼみに注入することでクマを改善します。基本的に脂肪の採取箇所は、太ももの裏側や内側、二の腕などの目立たない箇所から採取します。そのため、傷跡についての心配はほとんど必要ありません。
ご自身の身体から採取した脂肪を用いるため、ヒアルロン酸注入などと比べても非常に馴染みがよく、自然な仕上がりを実現できるのが特徴です。そのため、一度定着してしまえば効果は半永久的に持続します。

通常の脂肪注入

通常の脂肪注入では、採取した脂肪に対して遠心分離や重力による分離を施し、血液やリンパ液などの不純物を取り除きます。不純物を除去して純度を高めた脂肪のみを注入することにより、余計なリスクを避け、脂肪注入のメリットをより高めることが可能です。

ナノリッチ

ナノリッチ

ナノリッチでは、通常の脂肪注入よりも純度の高い脂肪の生成をおこないます。採取した脂肪を細かく崩し、脂肪細胞にまとわりついている脂肪成分まで取り除くのが特徴です。
純粋な脂肪細胞と豊富な幹細胞で構成された脂肪は安全性や定着率、効果が向上することに加えて、肌表面の色味を整えナチュラルな仕上がりを目指すことができます。

表ハムラ

表ハムラの切開ライン

下まつ毛の生え際から皮膚を切開し、突出した眼窩脂肪をまぶたの凹んでいる部分に移動させる治療方法を表ハムラと呼びます。
この施術方法の利点は、目の下の膨らみと凹みの両方を一つの施術で改善できるという点です。目の下のたるみの原因となっている余分な皮膚や脂肪を切除できるため、クマの再発が少ないというのも魅力になります。
注意点としては、皮膚表面を切開するため、医師の技術力によっては傷跡が目立つリスクがあるということです。目の下の領域は非常にデリケートな部分であり、失敗すると眼輪筋やまぶたの緊張にも影響を与える可能性があるため、医師には高度かつ繊細な技術が求められます。

裏ハムラ

裏ハムラ法でクマを改善した症例

経結膜脱脂と脂肪注入のメリットを兼ね備えた施術が裏ハムラです。裏ハムラでは、皮膚表面ではなく、下まぶたの生え際から結膜側にメスを入れます。
そのため、経結膜脱脂と同じように傷跡が目立たないだけでなく、傷の治りも早いためダウンタイムも短期間で済むのです。眼窩脂肪を移動させることで目の下のふくらみと凹みを同時に解消できるという点では表ハムラと同じですが、裏ハムラでは余分な皮膚や脂肪の切除をおこなえない点については留意しておきましょう。

裏ハムラで眼窩脂肪を移動させている図解

裏ハムラは施術の難易度が非常に高いため、日本国内でも施術できる医師は少ないです。そのため、裏ハムラを扱っている美容外科は貴重であると言えます。

summary

横浜でクマ取りをするならeクリニック横浜みなとみらい院

横浜みなとみらい院のカウンセリングルーム

今回は、クマ取りに関する様々な情報や、クマ取りが上手い医師の見つけ方のコツについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。
eクリニックではお客様に満足していただけるデザインを提供するために、カウンセリングにも力を入れています。また、eクリニックグループ全体を通してクマ取りの症例数も多く、難易度が高いと言われる裏ハムラ法のご用意もあります。
クマ取りをお考えの方は、ぜひ一度eクリニック横浜みなとみらい院までお越しください。

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気のクマ取りのご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム