横浜で裏ハムラを受ける方におすすめの美容外科の特徴は?

横浜で裏ハムラをした女性のイメージ
裏ハムラ法の2ヶ月後の症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

「裏ハムラを受ける際の美容外科の選び方にポイントはある?」
「裏ハムラはどの美容外科で受けるのがおすすめ?」
このようなお悩みを持っている方は非常に多いのではないでしょうか。
そこで今回は、横浜エリアの方に向けて、裏ハムラを受けたいときにおすすめの美容外科の特徴をご紹介します。裏ハムラのメリット・デメリットや、裏ハムラで解消可能なクマの種類についてもまとめておりますので、横浜でのクマ治療を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

横浜みなとみらい院の裏ハムラ法の詳細

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下のたるみ取りのご予約はコチラから⇒

about

ハムラ法とは

ハムラ法は、突出した眼窩脂肪を目の下の凹みが気になる部分に移動させることでフラットに整え、自然で若々しい目元を取り戻すことのできる施術です。重度のたるみや凹みが気になる方でも、一度の施術で大きな変化を得ることができます。
ハムラ法は大きく分けて表ハムラと裏ハムラの2種類があり、それぞれに強みと弱みが存在します。どちらの施術が適しているのかは、お客様の目元の状態やたるみの原因によっても異なります。ここからは、表ハムラと裏ハムラの特徴について詳しくみていきましょう。

表ハムラ

表ハムラの切開ライン

表ハムラは、目の下の皮膚表面から切開して眼窩脂肪を移動させます。皮膚自体に強いたるみが見られる場合、縫合前に余分な皮膚を併せて切除することが可能です。伸びてしまった余分な眼輪筋の切除もできるため、より劇的な変化が見込めます。
ただし、皮膚の表面にメスを入れる以上、傷が残るリスクについて理解しておく必要があるでしょう。下まつげのラインに沿ってできるだけ目立たないように切開・縫合をおこないますが、回復してからも細かい傷が残ってしまう可能性はあります。また、結膜側から切開する方法に比べると、ダウンタイム期間も長めです。

裏ハムラ

裏ハムラの切開ライン

裏ハムラは、目の下の結膜側から切開して眼窩脂肪を移動させます。裏ハムラの傷は普通にしていれば見えない場所にできるので、傷跡が残るリスクがありません。また、ダウンタイムも少なく早めに日常生活に戻ることができます。
一方、表ハムラのように余分な皮膚や眼輪筋の切除をおこなうことはできません。そのため、目の下のふくらみや凹み以外に皮膚自体のたるみが強い場合には、裏ハムラの適応外となることがあります。

merit

裏ハムラのメリット

ここまででも軽く触れましたが、裏ハムラには具体的にどういったメリットが存在するのでしょうか。ここからは裏ハムラならではの魅力を詳しく見ていきましょう。

傷が見える場所に残らない

裏ハムラの切開ライン

重ねての説明になりますが、裏ハムラはまぶたの裏側の結膜という部分にメスを入れます。まぶたを下に引っ張った「あっかんべー」の状態で見えるピンク色の粘膜部分が結膜です。外部からはまったく見えない箇所なので、術後に目立つような傷跡は一切残りません。
できるだけ早く日常生活に戻りたい方や、術後の見た目の変化によって整形がバレてしまうのではないかと不安に感じている方にとっては非常に魅力的な施術です。

ダウンタイム期間が短く症状が少ない

裏ハムラはまぶたの裏側を切開するため、ダウンタイム期間が短く比較的症状が軽いというメリットも持っています。術後の腫れや内出血も最小限に抑えられる上、体にかかるダメージや負担が極めて少ないことから、傷の治りも早くダウンタイムが短いです。
仕事やプライベートの事情により長期のスケジュールが確保できない方でも施術を受けやすいと言えます。

経結膜脱脂と脂肪注入の利点を兼ね備えている

裏ハムラは、突出した眼窩脂肪を取り除く経結膜脱脂と、目の下の凹みが気になる部分にご自身の体から採取した脂肪を入れる脂肪注入の利点を兼ね備えた施術です。
経結膜脱脂のメリットは、結膜側を切開して眼窩脂肪を取り除くため傷跡が少なくダウンタイムが短い点になります。脂肪注入のメリットは、ご自身の体から採取した脂肪を入れることで目元の組織と自然に馴染む点です。裏ハムラでは余分な脂肪を取り除かず再配置していくため、脂肪注入と同様の効果を得ることができます。裏ハムラで再配置する脂肪はもともと目元にあったものなので、より馴染が良くナチュラルな仕上がりとなります。

目の下のふくらみと凹みを同時に解消できる

eクリニックの目の下の皮膚切除と裏ハムラとゴルゴラインと目の下のナノリッチの脂肪注入の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

繰り返しになりますが、裏ハムラは突出した余分な眼窩脂肪を皮膚の凹んでいる部分に移動させるという施術です。つまり、眼窩脂肪のふくらみと凹みを一度の施術で同時に解消することができます。目の下の凹凸が均一に整えられ、ナチュラルで若々しい目元を取り戻すことが可能です。
加えて、眼窩脂肪を完全に除去してしまうわけではないため、本来の目元が持つ自然な立体感や曲線を維持することもできます。
脂肪は一度定着してしまえば理論上後戻りすることはほぼなく、加齢による目元の変化にもそれなりの耐性があるため、必然的に効果も長く持続します。

この症例は裏ハムラと併用して目の下の皮膚切除とゴルゴラインと目の下の脂肪注入を行った症例です。

demerit

裏ハムラのデメリット

裏ハムラのデメリットを説明している看護師

裏ハムラはメリットの多い施術ですが、もちろんデメリットも存在します。ここからは裏ハムラのデメリットについて見ていきましょう。

クマ取り治療のなかでもっとも施術難易度が高い

裏ハムラは数あるクマ取り治療のなかでももっとも高度な技術が求められる美容整形です。まぶたの結膜側からメスを入れ、脂肪を移動して再配置するのは非常に繊細な作業になります。そのため、技術や経験が不足している医師だと、仕上がりが綺麗にならなかったりトラブルや失敗が起こったりといった可能性は高まるでしょう。そのため、裏ハムラを受ける場合には特に医師選びが重要になります。しかし、そもそも習得している医師が全国的にみても少ないため、医師選びの際に苦戦しがちな点はデメリットでしょう。

皮膚のたるみが強い方には向かない

裏ハムラでは余分な皮膚や眼輪筋の切除がおこなわれないため、向いている方と向いていない方がいらっしゃいます。皮膚のたるみが強すぎる場合には、別のクマ取り治療を提案される可能性もあるでしょう。

kinds

裏ハムラで解消できるクマの種類

裏ハムラで解消できるクマは、黒クマと赤クマの2種類です。ここからは、黒クマと赤クマの特徴や原因について見ていきましょう。

黒クマ

黒クマのイメージ

黒クマの原因は眼窩脂肪の突出や皮膚のたるみ、凹みによって生じる目の下の凹凸です。裏ハムラでは、突出した眼窩脂肪を凹んでいる部分に移動させるため、目の下をすっきりとフラットな状態に整えることができます。しかし、たるみがひどすぎる場合には裏ハムラが適応しないため、別の治療法をすすめられることもあります。

赤クマ

赤クマのイメージ

赤クマは、眼窩脂肪の突出によって押し出された眼輪筋が皮膚に透けることが原因で生じます。実際に赤く透けているのは眼輪筋ですが、根本の原因は突出した眼窩脂肪です。セルフケアで対策することが難しい症状ですが裏ハムラで余分な脂肪を移動させることによって改善が見込めます。

Good quality

横浜で質の良い裏ハムラは受けられる?

裏ハムラ法でクマを改善した症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

横浜は東京、大阪に次ぐ美容外科激戦区です。激戦区は美容外科同士の競争率が高く、生き残っている美容外科に在籍するほとんどの医師が高い技術を持っています。そのため、美容外科選びや医師選びを誤らなければ、横浜で質の良い裏ハムラを受けられる可能性は高いと言えます。
しかし、裏ハムラは数あるクマ取り治療のなかでもっとも繊細で難易度が高いと言われており、そもそも修得している医師の数がそれほど多くありません。裏ハムラの施術に対応している時点で、目元整形における十分なテクニックを持っていると考えられるでしょう。

recommendation

裏ハムラでおすすめの美容外科の特徴

ここからは、裏ハムラでおすすめの美容外科の特徴を3つご紹介します。

目元整形の専門医が在籍している

裏ハムラを受ける美容外科を探す上で何よりも優先したいのは、目元整形の専門医が在籍しているかどうかです。裏ハムラは非常に繊細で難易度の高い施術であるため、経験が浅かったり技術やテクニック不足の医師が施術をおこなうと失敗のリスクが高まります。ダウンタイムが長引いたり症状がひどくなったりすることもあるため、必ず裏ハムラの症例数が豊富な信頼できる医師に施術を任せるようにしましょう。

カウンセリングの対応や説明が丁寧

裏ハムラは目元の状態によって向き不向きがあるため、カウンセリングも専門医に対応してもらえる美容外科が理想的です。カウンセリングの対応が雑だったり、質問しにくい雰囲気だったりする医師は避けるのが無難でしょう。
また、裏ハムラのメリットばかりでなく、前述したデメリットやリスクについても丁寧に説明してくれる医師は信頼できます。

保証制度やアフターフォローが充実している

どんなに腕の良い医師が施術を担当しても、万が一の失敗はあり得ます。美容整形を受ける際には、「自分の身には絶対起こらない」と高を括るのではなく、「自分の身にもいつ起こってもおかしくない」と考え、できる限りの対策をしておきましょう。保証制度やアフターフォローが充実した美容外科を選ぶと安心です。保証の内容や期間によってはトラブルが起きた際の対応が大きく変わってしまうので、必ず事前に確認しておきましょう。

summary

横浜で裏ハムラを受けるならeクリニック横浜みなとみらい院

横浜みなとみらい院のエントランス

今回は、横浜エリアの方に向けて、裏ハムラを受けたいときにおすすめの美容外科の特徴をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。裏ハムラは理論上後戻りをすることはほとんどなく非常に魅力の多い施術ですが、難易度が高いため修得している医師の数が少ない点が欠点です。
eクリニック横浜みなとみらい院には、できるだけ、ダウンタイムを最小限に抑え、ナチュラルな仕上がりを追求します。丁寧なカウンセリングでお客様一人一人のイメージや予算に合ったプランをご提案させていただきますので、予算の関係で施術を受けるかどうか迷われている方も、ぜひ一度当院の無料カウンセリングを受けてみてください。

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下のたるみ取りのご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム