横浜でおすすめの目の下のたるみ取りは?治療方法や美容外科選びのポイントを解説

横浜で目の下のたるみが気になっている女性

「横浜で目の下のたるみ取りを受けるならどの美容外科がおすすめ?」
「目の下のたるみ取りはどの術式が一番効果を得られる?」
このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、横浜で目の下のたるみ取りを受けようと考えている方に向けて、おすすめの術式や美容外科・医師の選び方などを詳しくご紹介します。目の下がたるむ原因や目の下のたるみ取りで解消できるクマの種類などもまとめておりますので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

横浜みなとみらい院の目の下のたるみ取りの詳細

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下のたるみ取りのご予約はコチラから⇒

Cause

目の下のたるみの原因は?

眼窩脂肪の図解

目の下がたるんでしまう主な原因は、加齢にともなう「靭帯の弛緩」と「肌のハリの現象」の2つです。
人間の眼球は「ロックウッド靭帯」と呼ばれる靭帯によって支えられていますが、年齢を重ねるにつれて徐々にその機能が衰え弛緩し始めます。そうすることで眼球を支えることができなくなり、下がってきた眼球が眼窩脂肪を押し出します。このようにして突出した眼科死亡がたるみの直接的な原因です。
また、人間の皮膚には「真皮層」と呼ばれる層があり、この部分でエラスチンやコラーゲンといった美肌成分を生成することで肌の弾力を保っています。しかし、紫外線ダメージの蓄積や加齢によってこの機能は徐々に失われ、徐々に脂肪を支えることができなくなると皮膚がたるみ始めます。目の下の皮膚は顔のなかでも特に薄く、繊細でダメージを受けやすい部分であるため、日ごろから刺激を与えすぎないようにすることが重要です。

kinds

目の下のたるみ取りの種類

ここからは、目の下のたるみを取るための治療法について解説していきます。複数の術式があるため、予算やご自身の目元の状態に合ったものを選ぶようにしましょう。

経結膜脱脂

経結膜脱脂で眼窩脂肪を取りだしている図解

経結膜脱脂では、目の結膜側からアプローチして眼窩脂肪を取り除いていきます。皮膚の表面に傷ができずダウンタイムも比較的短いため、治療後の違和感から周囲の人にバレてしまうリスクが低いです。しかし、皮膚のたるみや凹みが強い方が施術を受けることで逆に悪化してしまうケースもあります。適応が非常に狭いということを理解しておきましょう。
そこまで難易度の高い施術ではないためほとんどの医師が修得していますが、だからこそ医師の技術や経験に仕上がりが左右されやすいです。経験の少ない医師に施術を任せてしまうと、ダウンタイムが長引いてしまったり、思わぬトラブルが発生したりすることがあります。

皮膚切開

表ハムラで余分な皮膚を切除している図解

皮膚切開は下眼瞼切開術とも呼ばれ、皮膚のたるみが強い方におすすめの施術です。目の下の余っている皮膚を切除することで、たるみとしわ、クマを同時に改善することができます。また、眼窩脂肪の突出が気になる場合には併せて切除することもできるため、目元の印象を劇的に変化させることが可能です。
しかし、目の下の皮膚の表面を切開するため、医師の技術力や体質などによっては傷跡が目立ったり残ったりしてしまうリスクがあります。当院ではできるだけ傷跡が目立たないように手術を行っています。

表ハムラ

表ハムラの切開ライン

表ハムラは、皮膚の表面からアプローチして突出した眼窩脂肪を剥がし、目の下の凹みが気になる部分に移動させるという施術です。一度の施術で目の下のふくらみと凹みを同時に解消できます。また、縫合する前に、余った皮膚や伸びきった不要な眼輪筋なども併せて切除することが可能です。そのため、非常にデザイン性が高く、お客様一人一人が持つ理想のイメージに近づけやすい点も魅力だと言えるでしょう。
一方、皮膚切開と同じく皮膚の表面を切開することになるため、傷跡が残るリスクについては頭に入れておいてください。

裏ハムラ

裏ハムラの切開ライン

突出した眼窩脂肪をへこんでいる部分に移動させ再配置することによって、目の下をフラットに整えるという点では表ハムラと同じです。しかし、表ハムラが下まぶたの皮膚の表面側から切開するのに対し、裏ハムラでは下まぶたの結膜側を切開していきます。傷口が結膜側になるため、バレにくくダウンタイムが少ない点が魅力です。一方、表ハムラのように余分な皮膚や眼輪筋を切除することができません。そのため、目元の皮膚によるたるみやしわの改善は見込めないと思っておきましょう。

kinds

目の下のたるみ取りで解消できるクマ

上記でご紹介した目の下のたるみ取りで解消できるクマは、黒クマ、赤クマ、茶クマの3種類です。ここからはそれぞれのクマの特徴と原因について詳しく見ていきましょう。

黒クマ

黒クマのイメージ

目の下に凹凸が生じることによって影ができ、黒くくすんだような状態になってしまう状態を「黒クマ」と呼びます。黒クマの原因となる目の下の凹凸は、眼窩脂肪の突出や目の下の凹みによって起こります。また、加齢によって目の下の皮膚にハリがなくなり、たるんでしまうことも原因の一つです。経結膜脱脂、皮膚切開、ハムラ法などで眼窩脂肪を取り除くことで改善が見込めます。

赤クマ

赤クマのイメージ

赤クマは、目の下が赤く膨らんだ状態のクマです。眼窩脂肪が突出すると眼輪筋を前方に押し出し、押し出された眼輪筋が皮膚を圧迫することによって表面に赤く透けます。透けているのは眼輪筋ですが、根本的な原因は眼窩脂肪の突出なので、黒クマと併発しているケースも非常に多く見られます。経結膜脱脂、ハムラ法などで余分な眼窩脂肪を切除したり移動させたりする施術がおすすめです。

茶クマ

茶クマのイメージ

目の下が茶色くくすむ茶クマは、メラニン色素の沈着が主な原因です。紫外線や摩擦によるダメージの蓄積によって徐々に濃くなっていきます。目の下の皮膚は非常に繊細でダメージに弱い部分なので、日ごろから刺激を与えすぎないように注意しましょう。
茶クマはレーザー治療や光治療でメラニン色素を分解する治療法が一般的です。皮膚切開や表ハムラなどで茶色くなってしまった部分の皮膚を切除することによっても改善は見込めますが、あまりに広範囲だと適応しないことがあるので医師に相談しながら決めることをおすすめします。

Good quality

横浜で高品質な目の下のたるみ取りは受けられる?

目の下のクマの症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

横浜は美容外科の数が多く、東京や大阪に次ぐ美容外科激戦区だと言われています。美容外科の数が多いエリアは競争率が激しく、長く生き残っている美容外科には必然的に技術力の高い医師が多いです。つまり、医師選びや美容外科選びを正しくおこなうことさえできるなら、横浜で品質の良い目の下のたるみ取りをおこなうことは十分可能になります。

point

横浜で目の下のたるみ取りを受ける際の美容外科選びのポイント

目の下のたるみ取りを受ける際の美容外科選びのポイントを紹介している看護師

横浜のような美容外科激戦区では、美容外科の数が多すぎてどこで施術を選べばいいか分からなくなったり、明確な基準を定めないまま美容外科選びをおこなって失敗したりしている方が非常に多いです。美容外科選びを始める前に、「どこに注目して選ぶべきか」を明確にしておきましょう。
ここからは、目の下のたるみ取りにおける美容外科選びのポイントについて解説します。

目の下のたるみ取りが得意な医師が在籍している

クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (1)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (3)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
横浜みなとみらい院の経結膜脱脂と脂肪注入の1か月後の症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (4)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (6)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (2)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

美容外科の知名度や施術料金の安さだけを決め手にして美容外科を選ぶ方は非常に多いですが、残念ながらあまり良い方法とは言えません。なぜなら、実際に施術をおこなうのは一人の医師だからです。そのため、目の下のたるみ取りをおこなう美容外科を探しているなら、まずは目の下のたるみ取りが得意な医師が在籍しているかどうかをチェックしましょう。美容外科の公式サイトから、医師の経歴や施術実績などのプロフィール、資格の有無などの情報を得ることができます。

カウンセリングの対応や説明が丁寧

目の下のたるみ取りにはさまざまな施術方法があります。先述しましたが、経結膜脱脂のように適応範囲が狭い施術もあり、誤った施術を選択してしまうと逆に症状が悪化してしまうこともあるのです。つまり、施術を成功させるためには、正しい治療方法を見極めるための丁寧なカウンセリングが必要不可欠になります。
実際にカウンセリングを受けてみて、対応が雑であったり早く切り上げようとしていたり、威圧感がある・馬鹿にしているような態度の医師は避けた方が無難です。また、メリットばかり話してデメリットやリスクに一切触れない医師は信頼できない可能性があるため注意しましょう。

保証制度やアフターフォローが充実している

どんなに技術の高い医師に施術を任せても、美容医療を受ける以上は失敗やトラブルを完全に避けることはできません。「自分には起こらない」と高を括るのではなく、「自分にも起こるかもしれない」と想定した上で施術に臨みましょう。
万が一に備えて、保証制度やアフターフォローの充実した美容外科を選んでおくと、安心して経過を過ごすことができます。

summary

横浜で目の下のたるみ取りを受けるならeクリニック横浜みなとみらい院

横浜みなとみらい院のエントランス

今回は、横浜で目の下のたるみ取りを検討している方に向けて、おすすめの術式や美容外科の選び方などを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
目の下がたるんでいるとそれだけで老けて見えやすく、マイナスな印象を与えてしまいかねません。目の下がたるむ仕組みを理解して普段から予防することと、原因に合った適切な治療をおこなうことが重要です。
eクリニック横浜みなとみらい院では世に存在しているすべてのクマ治療(目の下のたるみ取り)をおこなえます。一つの治療法に固執しすぎず、柔軟な対応で最善のプランを提案することが可能です。また、目の下のたるみ取り以外にも目元の美容整形を積極的におこなっており、総合的に理想の目元を実現するようなオーダーメイドのプランも充実しております。目元に関するお悩みがある方、予算の関係で施術を受ける決心がつかない方なども、ぜひ一度当院の無料カウンセリングを受けてみてください。

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下のたるみ取りのご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム