鼻尖形成

鼻尖形成の手術を考えている女性

About

鼻尖形成手術

鼻尖形成(びせんけいせい)手術は、その名の通り鼻の先を尖らせたり、鼻に高さを持たせることで、鼻全体をシャープで美しい印象に改善するための美容整形術です。
多くの日本人の方が小鼻が横に広がっている団子鼻で悩まれていますので、忘れ鼻のようにおしゃれですっきりとした鼻へと整えることのできる鼻尖形成手術は非常に人気です。
軟骨移植や鼻中隔延長手術、人中短縮や隆鼻(プロテーゼ)など他の美容整形と同時に施術を行うことでより効果を実感することができます。
当院では必要に応じて様々な術式を組み合わせることで、患者様お一人おひとりのお顔のバランスにマッチする鼻のデザインをご提案させていただきます。

Recommend

鼻尖形成手術はこんな人におすすめ

鼻尖形成のお勧めの人を説明する看護師
  • 鼻先を尖らせたい方
  • 団子鼻を改善したい方
  • スッとした印象の鼻をご希望の方
  • 鼻先の長さを変えたい方
  • 鼻先の向きを改善したい方
  • 主張しがちな鼻を、忘れ鼻へと改善したい方

Method

鼻尖形成手術の方法

鼻尖形成の手術をしているところ

鼻尖を整える美容整形は、軟骨を移植する方法と、軟骨を移植しない方法の2パターンに分類することができます。
軟骨を移植しない術式の方が身体への負担は少なくなりますが、効果の持続性を求められる方には軟骨移植をオススメしております。

軟骨を移植しない鼻尖形成手術

軟骨を移植せずに鼻先を整える場合は、小鼻を寄せて縫い合わせることで、鼻先を高くします。
小鼻の寄せ方によって、2種類の術式があります。

トランスドーマルスチャー法

トランスドーマルスチャー法では、片方の小鼻の軟骨を寄せてから、縫合します。
こうすることによって鼻先が凸の型になり、スッと尖った印象になります。
トランスは移動、ドーマルはドーム(丸屋根)、スチャーは縫合という意味で、その名の通り小鼻を移動させて丸屋根のように縫合する手法です。

インタードーマルスチャー法

トランスドーマルスチャー法に対して、インタードーマルスチャー法は、左右両方の小鼻の軟骨を寄せます。
インター(中央)が意味する通り、両側の小鼻の軟骨を鼻の中心に寄せて縫合することで、鼻先を凸の形に形成していきます。

軟骨を移植する鼻尖形成手術

コルメラストラット法

コルメラストラット法は、安定して鼻の先を尖らせるために、もともと存在する小鼻の軟骨(鼻翼軟骨)の内側に、耳の軟骨や肋軟骨を移植して、固定する手法です。
鼻中隔延長手術とは異なり、移植した軟骨を鼻中隔に縫い付けることはしません。

大鼻翼軟骨移動(鼻尖形成手術の効果を引き出す)

鼻の先自体を細くしたい場合には、トランスドーマルスチャー法やインタードーマルスチャー法を用いますが、鼻の先が上に向いてしまったり、鼻の先の頭部分は細くならないというデメリットがあります。
こういった影響が予想される場合は、小鼻の一部を切除して、大鼻翼軟骨を幅寄せする手法をプラスします。
大鼻翼軟骨を切除する方法にはいくつか種類がありますので、お客様の理想に合わせてそれらの手法を単体、もしくは複合して鼻尖形成手術に併用します。

セファリックトリム法

セファリックトリム法は、鼻尖のなかでも頭側を切除する手法です。
鼻の先の頭部分の形を整えながら、全体的にスッとした印象の鼻へと改善することができます。

ターディ法(ゴールドマン法)

大鼻翼軟骨は、鼻柱部分の内側脚、小鼻部分の外側脚、その間の部分にあたる中間脚から構成されています。
ターディ法ではこのうち中間脚部分の軟骨を一部切除する手法です。
スッとした鼻筋に必要のない軟骨を除去した後は、内側脚の軟骨を中央に寄せて縫合・固定することで、鼻に高さを出すことができます。

ターディ+セファリックトリム法

セファリックトリム法とターディ法を組み合わせた手法が、ターディ+セファリックトリム法です。
余分な軟骨を細かい部分まで摘出した後、しっかりと縫合することによって、より理想に近い形の鼻尖を形成することが可能です。

コルメラストラット法+ターディ法

日本人の小鼻の軟骨は非常に柔らかいので、ターディ法を用いて鼻先の高さを出そうとすると、強度が不足する傾向にあります。
ターディ法の強度不足を補うためには、耳軟骨や肋軟骨を内側脚の間に移植し、支柱として役割を持たせる方法が有効です。
当院ではターディ法を用いる施術において、ほぼ全例でコルメラストラット法を併用しています。
コルメラストラット法で鼻尖軟骨形成を行うことによって、鼻先に移植した軟骨の重さで鼻の先がつぶれるリスクを軽減することができます。
高さや方向を整えた鼻先を術後の長期間に渡って、美しい形で保つことができます。

Design

eクリニックが細分化した鼻尖形成手術のデザイン

当院では、お客様お一人おひとりの顔立ちや理想に合わせて、より細かい形で鼻尖形成のデザインをご提案し、施術をご案内させていただいております。
ほんの少しのニュアンスまで鼻尖の形を調整するためには、移植する軟骨の組み方や位置調整によって行っています。

当院で人気のデザインは、主に以下の5つです。

1.鼻の先を尖らせながら、鼻柱上部にはふくらみを持たせるデザイン
2.鼻の先をやや上寄りにしたい調整するデザイン
3.鼻の先をしっかりと尖らせるデザイン
4.鼻先から鼻柱上部めで、ふんわりと膨らみを持たせるデザイン
5.鼻先に丸みを持たせながら、高さを出すデザイン

このようなデザインを形成する場合は、軟骨をピラミッド型に積む方法で対応します。
ピラミッドの形によって細かい角度をつけることもできますし、必要に応じて逆ピラミッドの形で軟骨を移植することもあります。

また、団子鼻の原因が鼻先の脂肪と判断できる場合は、脂肪の除去と鼻尖形成を組み合わせることも可能です。
軟骨上の軟部組織や脂肪組織を除去した後に鼻尖形成を行うことで、小鼻の広がり由来ではない団子鼻も改善することができます。

Price

料金表

鼻尖形成オープン法キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥108,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥163,020(税込)
鼻尖形成クローズ法キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥346,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥247,170(税込)
鼻尖形成3D法キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥346,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥247,170(税込)
鼻尖部軟骨移植または軟骨膜移植キャンペーン価格 ¥209,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥313,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥247,170(税込)

Doctor このページの監修医について

飯田 秀夫 Hideo Iida

e clinic 統括技術顧問

経歴

略歴

  • 1992年
    東京医科歯科大学医学部卒業
    以降、同大学医学部付属病院、国立がんセンターなどで頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽
  • 2007年
    東京医科歯科大学臨床教授
  • 2009年
    リッツ美容外科東京院
  • 2013年
    リッツ美容外科東京院院長
  • 2014年
    湘南美容クリニック
  • 2018年
    湘南美容クリニック統括技術指導医・辻堂アカデミア院院長
  • 2023年
    eクリニック 横浜みなとみらい院

資格・専門医

  • 日本形成外科学会専門医
  • 医学博士(東京医科歯科大学)

所属学会

  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 国際美容外科学会(ISAPS)会員

無料カウンセリングのご予約はこちら