横浜で目の下の脂肪注入が上手い医師を見つけるコツ

横浜で目の下の脂肪注入をした女性のイメージ
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

目の下のたるみやクマ、くぼみに悩んでいる方にとって、脂肪注入は効果的な施術のひとつです。そのなかでも目の下の脂肪注入はダウンタイム期間が短く、リスクも少ない美容整形であることから、目の下にあるたるみやクマ、くぼみに悩まれている多くの方に選ばれています。
美容整形と聞くと東京や韓国を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は横浜などの大きな都市であればクオリティの高い施術を受けることができるということをご存知でしょうか。むしろ実際には、近隣の都市で受けることによるメリットのほうが大きいのです。
この記事では、横浜で目の下のたるみとりが上手い医師を見つけるためのポイントについてご紹介します。上記のようなお悩みや疑問を感じている方は、ぜひ最後までご覧ください。

横浜みなとみらい院の目の下の脂肪注入の詳細

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下の脂肪注入のご予約はコチラから⇒

fierce battleground

横浜は美容外科の激戦区

近年、美容整形の需要が高まったことで、年々美容外科の数も増加している傾向にあります。特に横浜などの大きな都市には多くの美容外科が集まり、その競争環境の中で医師たちの技術も磨かれています。そのため、横浜ではクオリティの高い美容整形を受けることが可能なのです。
さらに、美容整形にはダウンタイムや術後の症状が必ずと言っていいほど存在します。そのため、住んでいる場所から近い美容外科をを選ぶことによるメリットは大きいです。例としては、経過観察などでの通院が容易になる、術後のケアが受けやすい、交通費や宿泊費などの経済的な負担の軽減などが挙げられます。
このように、住んでいる場所から近い美容外科を選ぶことによって得られるメリットは非常に大きいため、横浜近辺にお住まいの方は自宅からの通いやすさを重視して選ぶのも一つの手です。
また、横浜は美容外科激戦区の一つでありレベルの高い施術を受けることもできるため、多くの方にとって魅力的な選択肢となっています。

about

目の下の脂肪注入とは

目の下のたるみ取りと脂肪注入の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

そもそも目の下の脂肪注入とはどのような美容整形なのでしょうか。
ここからは目の下の脂肪注入について、メリットやダウンタイム、リスクや注意事項などについて解説していきます。

メリット・魅力

目の下の脂肪注入は、目の下のたるみやクマ、くぼみなどを解消することが可能な美容整形です。同様の効果を持つ施術はいくつか存在しますが、目の下の脂肪注入はその中でも、安全性や定着率と言った面で優秀な施術です。
施術には自身の身体から採取した脂肪を使用するため、より組織に馴染みやすく自然な仕上がりを目指すことが可能です。見た目の違和感がないのはもちろん、実際に触れても不自然な感触になることはありません。加えて、一度注入した脂肪細胞はしっかり根付いて定着してくれるため、長期的な効果が見込めるというのも魅力です。
また、脂肪注入による目の下のたるみ取りは一回の施術で、たるみ・クマ・くぼみ・しわなどの複数の悩みを同時に解決できるといった特徴もあります。
目元周りに関する悩みは、加齢にともなって増えていくものです。しかし、目の下の脂肪注入をおこなうことにより脂肪が失われたるんだ目元にハリを与えれば、若々しく明るい印象を取り戻すことができます。

ダウンタイム

目の下の脂肪注入は比較的ダウンタイムが短い施術です。
施術を受ける美容外科や医師の技術力などにもよりますが、一般的なダウンタイム期間としては1〜2週間ほどで、期間中に見られる症状としては腫れや内出血などが挙げられます。これらの症状は時間の経過とともに自然と解消されていくため、そこまで心配する必要はありません。
しかし、これらはあくまで目安です。ダウンタイム期間の長さや、術後の症状には個人差があるということは念頭に置いておきましょう。また、目の下の脂肪注入はダウンタイム期間の短い施術ではありますが、安静に過ごしていなかったり、体質や体調の状態によっては期間が伸びてしまう可能性も高いです。ダウンタイム期間中は注意事項をしっかり守ること、ご自身の体質や体調に関する不安点がある場合は医師にしっかり報告することを心がけましょう。

リスク・注意事項

目の下の脂肪注入は安全性が高く、比較的リスクの少ない美容整形です。自身の脂肪を使うことや局所麻酔でおこなわれることが多いというのがその理由ですが、リスクがまったくないのかと言うと、そういうわけではありません。
稀に生じるリスクとしては、注入した脂肪に含まれる脂肪成分の繊維化・石炭化によるしこりの発生が挙げられます。
また、ごく稀に蕁麻疹や冷や汗、胸痛、アナフィラキシーなどのアレルギー症状が発生することがあります。少しでも異変を感じたらすぐに医師に相談して適切に対処しましょう。
また、脂肪を採取した部位に関しては、基本的に太ももの内側や裏側、二の腕などの目立たない部位から行うため傷跡が目立つ心配はほとんどありません。採取部位や採取量によっても変わってきますが、採取後1〜2週間ほどは打ち身のような症状が生じることがあります。時間をかけて自然と改善されていくため問題ないでしょう。

術後の注意事項として、普段からコンタクトを使用している方は1週間ほど着用を控え、メガネに切り替えるようにしてください。腫れやむくみなどの術後の症状がある状態でコンタクトを装着すると、眼球を傷つけてしまう可能性が高くなるためです。目の周りを避ければメイク・洗顔は翌日から可能ですが、クレンジングやスキンケアの際に患部に負担がかからないように十分注意しましょう。
脂肪注入は他の施術と併用されることが多いため、人によってリスクや注意事項は異なります。そのため、カウンセリング時に医師の話をしっかり聞き、事前にしっかりと準備しておきましょう。

kinds

目の下の脂肪注入の種類

目の下の脂肪注入にはいくつかの種類があります。美容外科によって設備や方針によって取り扱っている施術に違いはありますが、今回は一般的な脂肪注入とナノリッチという特殊な処理を施した脂肪を注入する施術について解説していきます。

通常の脂肪注入

通常の脂肪注入では、身体の脂肪が多い部位から脂肪を採取し目の下に注入します。一般的な採取部位は、太ももの内側や裏側、二の腕などの目立たない部位です。
採取した脂肪には血液やリンパ液などの不純物が含まれています。そのため、採取した脂肪をそのまま注入するのではなく特殊な処理をおこなって純度を高めた脂肪を使用することになります。
具体的には、遠心分離機や重力を使って不純物の分離をおこなうことによって脂肪細胞を抽出します。厳選された脂肪細胞のみを注入することで施術にともなうさまざまなリスクを抑え、より確実な効果を実感することが可能です。

ナノリッチ

ナノリッチ

通常の脂肪注入とナノリッチの違いは、採取した脂肪の処理方法にあります。
そもそも、脂肪は脂肪細胞の周りに脂肪成分がくっついた構造になっています。ナノリッチでは、特殊な技術を用いて脂肪細胞を細かく崩して「脂肪成分」を取り除くことによって、より高純度の脂肪を精製することができるのです。
またこのようにして生成された脂肪には、脂肪細胞だけでなく、幹細胞が豊富に含まれています。より厳選された脂肪を注入することで、肌の色味や小ジワの改善など肌質の改善まで期待できます。

good doctor

横浜で目の下の脂肪注入が上手い医師を見つけるコツ

美容外科の数があまりにも多いと、どの美容外科を選択するのがいいのか、そしてそのなかからどの医師を選べばいいのか悩んでしまうことも多いでしょう。
ここからは、横浜で目の下の脂肪注入が上手い先生を見つけるコツについて解説していきます。

医師の経歴と実績を確認する

いくら美容外科としての知名度や認知度が高くても、実際に施術を担当する医師の実力が足りなければ失敗のリスクは高まります。
そのため、医師の経歴や実績は必ず確認しましょう。特に目の下の脂肪注入についてや、関連するクマとりやたるみとりの経験が豊富であるかに焦点を当ててください。美容外科のホームページにある医師のプロフィールや医師個人のSNSなどを活用して調べることをおすすめします。

症例写真をみる

クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (1)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (3)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
横浜みなとみらい院の経結膜脱脂と脂肪注入の1か月後の症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (4)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (6)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。
クマ取りと脂肪注入を同時に行った症例写真 (2)
【リスク・副作用】むくみ・内出血・目元の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

医師や美容外科が提供している症例写真を確認することも重要です。視覚的に医師の技術力が分かるだけでなく、医師が得意とするデザインの傾向を確認することができます。
施術前後の症例写真に加えて、施術から時間が経過した後の症例写真があればより参考になるでしょう。

口コミや評判を調べる

クマ取りの名医を探している女性

医師の経歴や実績、症例写真は美容外科や医師側が発信している情報になります。それらの情報にももちろん信憑性はありますが、SNSや掲示板などで口コミや評判を調べることも大切です。実際に施術を経験した方の意見は非常に役に立ちます。
ただし注意点として、一つの口コミだけを決め手にしないようにしてください。良い口コミもあれば悪い口コミもあって当たり前なので、どちらもバランス良く確認して、信頼できる情報を見極めることが重要です。

カウンセリングを受けてみる

横浜みなとみらい院のカウンセリングルーム

いくつかの候補ができたら、実際にカウンセリングを受けてみましょう。クリニックの雰囲気や医師との相性、ネットの情報との違いなど、実際にカウンセリングを受けてみて初めて分かることも多いです。
腕のある医師はカウンセリングの技術も高い傾向にあります。施術の成功には、お客様との仕上がりイメージを正しく共有することが不可欠だからです。そのため、カウンセリング中の医師のアドバイスや発言には注目しておきましょう。無理な勧誘をしてくるような医師はもちろん、威圧感のある医師や質問しにくい雰囲気の医師、メリットばかりを話してリスクやデメリットに関する説明が不十分な医師も避けることをおすすめします。

summary

横浜で目の下のたるみ取りをするならeクリニック横浜みなとみらい院

横浜みなとみらい院のエントランス

今回は横浜で目の下の脂肪注入が上手い医師を見つけるコツについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
eクリニック横浜みなとみらい院は、国内屈指の技術力を持つクリニックです。カウンセリングにも力を入れており、どのような方でも安心して施術を受けられる環境を整えています。横浜周辺で目の下の脂肪注入を考えている方は、ぜひeクリニック横浜みなとみらい院までお越しください。

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下の脂肪注入のご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム