ハイブリット豊胸

豊胸後に胸が大きくなっている女性

※現在横浜みなとみらい院では行っておりません。

豊胸手術を受けてみたいけれど、不自然な仕上がりにならないか心配。このようなお悩みを抱えている方は、ハイブリッド豊胸での手術を検討してみてはいかがでしょうか。ハイブリッド豊胸は、これまでのシリコンバッグ挿入の欠点をカバーし、自然な仕上がりを期待できる豊胸手術です。

About

ハイブリッド豊胸とは

モティバのバッグと脂肪吸引で採取した脂肪

ハイブリッド豊胸は、シリコンバッグ(モティバエルゴノミクス)と脂肪を注入する豊胸手術で、従来のシリコンバッグのみの豊胸手術にはない特徴があります。

シリコンバッグ挿入(モティバエルゴノミクス2)

豊胸用シリコンバッグにはいくつかの種類がありますが、当院では強度と耐久に優れたモティバエルゴノミクス2という種類を用いた手術を行います。
また、シリコンバッグの挿入というと傷跡が心配になるかもしれませんが、脇の下にできる傷跡は3~5㎝程度で、術後数か月間が経過すると薄く目立たない状態に回復します。
さらに、モティバエルゴノミクスは姿勢によって変形する仕様になっているため、どのような動作をしたとしても、バストだけが浮き上がって見える心配もありません。

脂肪注入(コンデンス豊胸)

脂肪注入の豊胸手術はコンデンス豊胸と呼ばれ、ご自身から採取した脂肪細胞から不純物を除去した脂肪をバストに注入します。
コンデンス豊胸は、ご自身の脂肪をバストに注入することから、安全性が高く、しかも自然な仕上がりを期待できる豊胸手術です。
また、コンデンス豊胸はそれのみで手術が行われることもありますが、より美しい形を形成し、その状態を長期間キープするためには、モティバエルゴノミクスの挿入との併用が望ましいでしょう。

Merit

ハイブリッド豊胸のメリット

豊胸をして胸が大きい女性

従来のシリコンバッグ挿入による豊胸手術でも、もちろん理想的なバストを実現できます。
しかし、脂肪注入との併用であるハイブリッド豊胸では、シリコンバッグ挿入のみでの豊胸手術では得られなかったメリットを得ることができるのです。
それでは、ハイブリッド豊胸で得られるメリットについて見ていきましょう。

従来の豊胸手術より自然な仕上がり

モティバエルゴノミクスでは、実に350種類ものサイズ展開がされているため、より体型にピッタリのサイズを選んで手術を受けられます。
従来のシリコンバッグの場合ではサイズ展開が少なく、体に合わないサイズのバッグを挿入することで、不自然な仕上がりになってしまうトラブルが起こることがありました。
しかし、サイズ展開が豊富なモティバエルゴノミクスなら、その心配はないでしょう。
また、モティバエルゴノミクスの挿入位置を調整したり、脂肪の注入量を調整したりすることで、より自然に近いバストを目指せます。

より本物のバストに近い手触り

シリコンバッグ挿入のみでの豊胸手術では、本物のバストよりもやや硬めの仕上がりになることがあります。
一方ハイブリッド豊胸では、モティバエルゴノミクスを覆う形で脂肪を注入することができるため、本物に近い手触りのバストを実現できるのです。
特に痩せ型の方の場合では、大きなシリコンバッグを挿入することでシリコンバッグの輪郭が外見からわかってしまうケースがあります。
しかし、バッグを脂肪で覆うハイブリッド豊胸なら、その心配がありません。

痩せ型でも理想のバストを目指せる

もともと痩せ型の方が豊胸手術を受ける際、シリコンバッグだけではバッグの輪郭が外見からわかる懸念があります。
そうかといって、脂肪注入のみで豊胸手術を受けようとすると、十分な量の脂肪を採取できず、思うようなサイズアップを実現できない可能性があるのです。
しかし、ハイブリッド豊胸では少量の脂肪注入でもサイズアップ効果が見込めるため、痩せ型で多くの脂肪を採取できない方でも2カップ程度のサイズアップを実現できます。
また、痩せ型の方に見られることが多いのが、ふっくら感が不足したデコルテラインですが、ハイブリッド豊胸で脂肪を注入すれば、ふっくら感がある女性らしいデコルテラインを目指せます。

Downtime

ハイブリッド豊胸のダウンタイムについて

ハイブリッド豊胸のダウンタイムを過ごしている女性

ダウンタイム期間中の注意事項

ハイブリッド豊胸後には、以下の点に注意を払いながらお過ごしください。

術後2~3日は安静に過ごす

ハイブリッド豊胸は、手術当日よりも2~3日目に強い腫れや内出血が見られることが多い手術です。
また、この期間中にはやや強い痛みが出ることもありますので、なるべく体を動かさず、安静に過ごすことを心がけなくてはなりません。
無理に体を動かしてしまうと痛みが強まるだけでなく、腫れや内出血が悪化したり、傷口に悪影響が及んだりする可能性がありますので、十分な注意が必要です。
注入した部分の傷口は、術直後は赤く目立つことがあります。
脂肪を注入した傷口の赤みは3ヶ月ほどありますが、その後6~12ヶ月かけて除々に目立たなくなります。
注入後1~2週間はむくみのため、バストが膨らみすぎていると感じることがあります。2~4週間かけて腫れやむくみが徐々に落ち着いてきます。
また、術後3日は車やバイク、自転車の運転はできません。

内出血

胸全体、脂肪採取部全体に内出血が出現しますが、約2~4週間で落ち着きます。

圧迫・固定

脂肪を吸引した部位は圧迫固定をするため大変動きづらくなります。
手術直後から3日目の来院時までは圧迫固定は外せません。
3日目から7日目までは着圧ストッキングを履き、その上からガードルを24時間ご着用ください。(シャワー時以外)
7日目以降は半日固定でも構いません。 2~3ヶ月間は痛みや腫れの軽減、引き締め効果の為、着用をおすすめします。
ワイヤー入りブラジャーは術後1ヶ月から着用可能です。

入浴はいつから?

シャワーは手術の翌日から行えますが、その際には、できる限り傷口に触れないよう注意してください。
また、入浴は約1週間後の抜糸完了までは行えません。
それは、入浴で体を温めてしまうと、血液の循環が活性化し、強い痛みが出たり、腫れや内出血が悪化したりするリスクがあるからです。
不用意に入浴をしてしまうとダウンタイムが長引くことになりますので、抜糸まではなるべく体を温めずに過ごすことが大切です。

激しいスポーツは抜糸完了後から

激しいスポーツは、抜糸が完了するまで控えましょう。
それは、抜糸完了前に激しいスポーツをしてしまうと、傷口がきれいにふさがらなくなる可能性があるからです。
ハイブリッド豊胸では、脇の下のしわに合わせて皮膚を切開するため、完成形に仕上がればほとんど傷口が目立たなくなります。
しかし、手術後間もなくして激しいスポーツを再開してしまうと、傷口がきれいにふさがらず、傷口が目立つ仕上がりになってしまうことがあるのです。
そうならないためには、抜糸完了までは激しいスポーツはせず、安静に過ごすことが重要です。
また、 飲酒喫煙は1週間は中止して下さい。

手術後すぐの仕事復帰は可能?

体を動かす機会が少ない仕事であれば、抜糸完了前でも復帰が可能ですが、その際には服装に注意する必要があります。
それは、ハイブリッド豊胸後には患部をバストバンドで固定するため、服装によってはバストバンドが目立ってしまう可能性があるからです。
また、体を良く動かす仕事であれば、抜糸完了後からの復帰が可能です。
なお、バストバンドでの固定期間には個人差がありますので、医師の指示があるまでは自己判断で外さないよう注意しましょう。

ブラジャーの着用は医師の指示があってから

ブラジャーの着用は、医師の指示に従って行いましょう。
それは、患部が落ち着く以前にブラジャーを着用してしまうと変形が起こって、思うような仕上がりにならないことがあるからです。
また、医師から着用の許可が出たとしても、バストを締め付けるようなタイプのブラジャーはおすすめできませんので、なるべくゆったりとしたタイプのブラジャーを着用して、完成形を待つことが望ましいでしょう。

バストマッサージは完成形に仕上がるまで行わないこと

変形という意味では、バストマッサージも注意深く行わなくてはなりません。
ハイブリッド豊胸は、完成形に仕上がるまでおよそ3カ月間を要しますので、最低でも3カ月間はバストマッサージを控えて過ごすことが大切です。

Recommend

ハイブリッド豊胸はこのような方に向いています

ハイブリッド豊胸がお勧めな人を紹介する看護師

ハイブリッド豊胸は以下の方におすすめです。

  • 2カップ以上のサイズアップをお望みの方
  • 痩せ体型で脂肪が少ない方
  • より自然な手触りの豊胸手術を受けたい方
  • バストの左右差をなくしたい方
  • デコルテラインをふっくらとさせたい方

2カップ以上のサイズアップをお望みの方

ハイブリッド豊胸では、小さめのシリコンバッグの挿入でも、脂肪によってサイズをカバーできるため、2カップ以上のサイズアップをお望みの方におすすめです。
ただし、体に対して大きすぎるモティバエルゴノミクスを挿入してしまうと、脂肪を注入したとしても不自然な仕上がりになることがあります。
バストサイズについては医師からアドバイスがありますので、なるべくアドバイスに従い、体全体のバランスを崩さないサイズに抑えることが大切でしょう。

痩せ体型で脂肪が少ない方

ハイブリッド豊胸は、脂肪注入のみで行われる豊胸手術よりも少ない量の脂肪で理想のバストを目指せます。
つまり、もともと痩せ型で皮下脂肪が少ない方には特におすすめの豊胸手術だということですね。
なお、脂肪を採取する場所はお腹や太ももなどですので、この点については医師と相談の上で決定すると良いでしょう。

より自然な手触りの豊胸手術を受けたい方

モティバエルゴノミクスのみの豊胸手術でも自然な仕上がりを望めますが、より自然な手触りを求めたいなら、ハイブリッド豊胸がおすすめです。
ハイブリッド豊胸なら、脂肪でモティバエルゴノミクスの感触をカバーできますので、柔らかくふっくらとしたバストを実現できます。

バストの左右差をなくしたい方

ハイブリッド豊胸では、脂肪の注入量を調節することで、バストの左右差をなくすことができます。
ただし、もともと極端な左右差がある場合では、他の治療での豊胸となる場合がありますので、この点については医師に相談してみると良いでしょう。

デコルテラインをふっくらとさせたい方

特に痩せ型の方に多い悩み、それは脂肪が少ないことで起こるふっくら感が不足したデコルテラインです。
ハイブリット豊胸ではデコルテラインにも脂肪を注入できますので、ふっくら感が少ないデコルテラインでお悩みの方にもおすすめの手術だといえるでしょう。

Price

料金表

ハイブリッド豊胸
※現在横浜みなとみらい院では行っておりません。
キャンペーン価格 ¥1,320,000(税込)
モニター価格 ¥1,110,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥1,980,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥1,650,000(税込)
麻酔¥66,000(税込)

Doctor このページの監修医について

劉奕阳医師

劉 奕陽 Liu Yiyang

e clinic 横浜みなとみらい院医師

経歴

略歴

  • 順天堂大学医学部卒
  • 国保旭中央病院放射線科
  • 都内美容皮膚科
  • 大手美容外科大宮院
  • 都内美容外科
  • eクリニック

資格・専門医

  • ボトックスビスタ® 認定資格医
  • ジュビダームビスタ® 認定資格医

所属学会

  • 日本美容外科学会 正会員

無料カウンセリングのご予約はこちら