ボトックスビスタ

小顔で綺麗な女性
ボトックスビスタ

ボトックスビスタは、アメリカのアラガン社が製造販売している、日本の厚生労働省がはじめて美容領域への使用を認めたボトックス製剤(ボツリヌストキシン製剤)です。
2009年1月には、アメリカをはじめイギリス、ドイツ、フランスなど50カ国以上に承認され、世界的に美容医療のボツリヌス製剤として使用されています。
ボトックスといえば「ボトックスビスタ」という程、最もメジャーなボトックス製剤です。

ボトックスビスタは、A型ボツリヌストキシンを有効成分としたボトックスで、筋肉の収縮を抑制し、一時的に表情ジワや多汗症を改善する効果があります。
一方、ボトックスの注入量が多いと、筋肉が緩みすぎてしまうリスクがあるため、確かな技術と知識をもって施術を行うことが重要です。

e-クリニックでは、ボトックス治療に対する豊富な経験と実績をもつ医師が診断から施術までの全てを行います。
お客様のお悩みを解決し、おひとりおひとりの理想的な仕上がりを実現させていただきます。

Effect

ボトックスビスタで得られる効果

ボトックスビスタで得られる効果を説明している女性

ボトックスビスタは、筋肉の萎縮を抑制する効果があるため、以下のような効果が期待できます。

  • エラの張りの改善
  • 眉間・おでこ・鼻などのしわの改善や予防
  • ワキの多汗症の改善
  • ガミースマイルの改善
  • 肩の張り

ボトックスには様々な効果が認められており、美容医療だけではなく一般医療でも使用されている、非常に安全性の高い医薬品です。

エラの張りの改善

「咬筋」という筋肉が発達するとエラが張り、フェイスラインが肥大して見えます。
ボトックスビスタを咬筋に注入することで、発達して固まった筋肉を柔らかくし、収縮させることが可能です。
エラの張りを改善すると同時に、小顔効果も得ることができます。
e-クリニックでは、エラの張りをボトックスビスタで改善したい場合には、「エラボトックス」という施術をご案内しております。

眉間・おでこ・鼻などのしわの改善や予防

眉間・おでこ・鼻などの顔のさまざまな表情ジワの改善・予防の効果が期待できます。
すでに癖づいて固定されてしまったシワにはヒアルロン酸が効果的なため、ヒアルロン酸との併用で表情ジワを改善する場合もありますが、表情を動かした際にできる顔のシワはボトックスビスタのみで改善可能です。
また、シワを寄せないようにする効果があることから、将来的に表情ジワが固定されるのを予防する効果も期待できます。
眉間・おでこ・鼻などのしわの改善や予防をボトックスビスタで行いたい場合は、一般的にシワボトックスと呼ばれる施術を行います。

ワキの多汗症の改善

汗腺にボトックスを注入することで、ワキの多汗症やワキガの改善・緩和の効果が期待できます。
ボトックスビスタのA型ボツリヌストキシン毒素は、汗を出させるよう汗腺に指示する神経の働きをブロックする働きがあるため、汗をかく量を減らすことができます。
また、汗をかく量が減ると雑菌が増殖しにくくなるため、結果的にワキガの緩和や改善にも効果が期待できます。
ワキの多汗症へのボトックスビスタは、多汗症ボトックスや脇汗ボトックスといった施術名で使用されています。

ガミースマイル・人中短縮の改善

ガミースマイルは、笑ったときに必要以上に唇が上がってしまうことが原因で出現します。
ボトックスビスタの筋肉を緩める働きを利用することで、ガミースマイルを改善する効果が期待できます。
また、人中短縮にもボトックスは効果を示します。
しかし、ガミースマイルと人中短縮のターゲットとなる筋肉は、それぞれが逆方向に力を加えているため、人中短縮ボトックスを行うことでガーミースマイルになりやすくなるというリスクもあります。
現在の口元の状態をしっかりと把握した上で施術を行うことが重要です。

肩の張り

肩が凝ってる女性

筋肉の緊張状態が長く続き、萎縮して固まった肩をボツリヌス毒素で緩和させることが可能です。
肩の張りが改善されることで、首がすらっと長く見える効果もあります。
肩こりボトックスや肩ボトックスと呼ばれる施術を受けることで、肩こりの改善や肩周辺の筋肉のハリを緩和することができます。

Duration

ボトックスビスタの効果持続期間

ボトックスが品質管理を徹底されているところ

ボトックスビスタの効果持続期間は施術部位によって異なりますが、通常3〜4か月(長い方で半年程度)効果が持続すると考えられます。
5日〜1週間ほどで効果が感じられるようになり、それから3〜6か月ほど効果が続くというイメージです。
効果発現が早い方の場合、施術の翌日から効果を感じられるというケースもあります。
また、ボトックスビスタは継続して施術を受けることを推奨されており、年に3〜4回受けていただくのが望ましいと言われています。
継続した施術によって徐々に筋肉が緩んでくるため、ボトックスの効果も持続しやすくなります。

Demerit

ボトックスビスタのデメリット

ボトックスビスタの副作用として、赤み、腫れなどが主な症状として挙げられます。
まれに、頭痛やめまい、内出血を起こす方もいます。
また、ボトックスは胎児や乳児に何らかの影響を及ぼす恐れがあるとして、妊娠中・授乳中は施術を受けていただくことができません。
また、妊娠を望む方や妊娠の可能性がある方もボトックスの施術を受けることはできません。

Faq

ボトックス治療に関するよくある質問

ボトックス注射は麻酔無しでも痛くないですか?

ボトックスは注射薬です。
注射の針を刺すときや薬剤が注入されるときに痛みを感じる場合があります。
しかし、痛みは一般的な注射と変わらないので、注射の痛みが気にならないという方であれば、ボトックスも問題なく受けていただくことができます。
痛みに弱い方や痛みが心配という方には麻酔クリームをご用意しておりますので、お気軽にご相談下さい。

次回注射するタイミングはいつですか?

一般的に、ボトックスビスタの持続期間は3~4か月程度といわれているため、3か月以上経過したタイミングが次回の施術タイミングになります。
効果を維持するためには継続して施術を受けるのがおすすめですので、効果が薄れてきたと感じるようになったタイミングで受けていただくのが効果的です。

Price

料金表

アラガン¥18,480(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別価格 ¥27,720(税込)

Doctor このページの監修医について

劉奕阳医師

劉 奕陽 Liu Yiyang

e clinic 横浜みなとみらい院医師

経歴

略歴

  • 順天堂大学医学部卒
  • 国保旭中央病院放射線科
  • 都内美容皮膚科
  • 大手美容外科大宮院
  • 都内美容外科
  • eクリニック

資格・専門医

  • ボトックスビスタ® 認定資格医
  • ジュビダームビスタ® 認定資格医

所属学会

  • 日本美容外科学会 正会員

無料カウンセリングのご予約はこちら