鼻孔縁下降術

鼻孔縁下降術の手術を受けた女性

About

鼻孔縁下降術とは

鼻腔縁形成のイメージ

鼻孔(鼻の穴)に関する施術の一つである「鼻孔縁下降術」は、鼻の穴が目立っている、鼻の穴の形が三角に見えるといった悩みを改善する施術です。同時に顔のバランスを整えることもできます。
お客様自身の耳の軟膏を移植し、鼻孔縁を下降させる方法が主流ですが、鼻翼の軟骨を移植する方法もあります。
また鼻孔縁下降術は、鼻尖部分の形成手術の皮下癒着によって変形してしまった場合や、無理な鼻中隔延長術を行い鼻孔が変形してしまった際の修正手術にも用いられています。

Cause

鼻の穴が目立ってしまう原因

鼻腔縁形成で整えることができる鼻の形

鼻の穴が目立つ主な原因は3つです。

  • 小鼻が横に広がって大きい
  • い鼻先が上向きになっている
  • 鼻の穴の縁が斜めや上向きにせり出している

小鼻が横に広がって大きい

小鼻の大きさに伴って鼻の穴の大きさが変わるため、小鼻が横に広がって大きいとその分鼻の穴が引っ張られてしまい、鼻の穴が大きくなります。
鼻の穴が大きくなるタイプには、穴の幅が大きいタイプや丸みが強いタイプ、両方の状態が見られるタイプの3パターンがあります。

鼻先が上向きになっている

鼻先が上向きになっていると、鼻の穴が見えやすくなり目立ちます。
いわゆる「アップノーズ」や「ブタ鼻」と呼ばれるタイプの状態です。
基本的に鼻孔縁下降術のみで改善できますが、形状によっては鼻中隔延長手術と組み合わせて施術が行われるパターンもあります。

鼻の穴の縁が斜めや上向きにせり出している

鼻の穴の縁が、斜めまたは上向きにせり出していると鼻の穴が目立ちやすくなります。
アップノーズと混同しがちですが、別の状態になりますので、アプローチや対処方法(施術方法)も異なります。

Method

鼻孔縁下降術の施術方法

鼻の穴を下げるイメージ

鼻孔縁下降術は、耳や鼻翼などから軟骨を採取し、鼻孔縁に移植をして上向きになっている鼻先を下におろす施術です。

施術に入る前に、デザインを行い、「鼻孔のどの範囲を下におろすのか」を決めてマーキングします。
施術の方向性が定まったら局所麻酔をかけて、効き始めるのを待ち、麻酔が効き始めたら、マーキングに沿って切開して軟骨を採取し、剥離腔(はくりこう)という軟骨を移植するためのポケットを作ります。
剥離腔が完成したらそこに軟骨を移植し、切開部分の縫合を行って終了です。
1週間ほどたったら抜糸を行い、全ての施術が完了となります。

施術に関連するご注意

治療部位に熱感・痛み・腫れが生じることがありますが、悪化が見られたり長引いたりする場合は感染の恐れがあるため、医師に相談してください。
施術後しばらくは腫れやむくみなどが起こるため、飲酒や喫煙、入浴、激しい運動などの血行が良くなる行動は避けてください。
腫れやむくみが悪化したり長引いたりする恐れがあります。

Recommend

鼻孔縁下降術がおすすめな人

鼻孔縁軟骨移植術のお勧めの人を説明する女性
  • 正面からの角度で鼻の穴がドーム型になっていて目立つ方
  • 正面からの角度で鼻の穴が大きく目立つ方
  • 鼻孔縁が外側に向かって吊り上がり鼻翼が内側に巻き込まれていることで鼻の穴が大きくなっている方
  • 鼻の穴の形の左右差が気になっている方
  • 大きな鼻の穴を小さくしたい方
  • 鼻翼縮小術後の鼻の穴の形を整えたい方
  • 異物を使用して施術を受けるのに抵抗がある方

Merit

鼻孔縁下降術のメリット

鼻孔縁下降術のメリットは「傷跡が目立ちにくいこと」と、「組み合わせ施術が可能なこと」の2つがあります。

傷跡が目立ちにくい

切開する施術のため、傷跡が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、耳介軟骨移植による鼻孔縁下降術は、切開部分が鼻の穴であるため傷跡はほとんど目立ちません。

組み合わせ施術が可能

鼻の穴だけでなく他の部分で鼻に関する悩みもあわせ持っている場合、組み合わせ施術で改善することが可能です。

鼻の形や厚みは個人差があるため、鼻孔縁下降術だけでは改善が難しいケースがあります。そのような場合には他の施術と組み合わせることで、悩みの改善を目指すことが可能です。
組み合わせられる施術の例として、プロテーゼなどの隆鼻術、鼻中隔延長法などがあります。

Demerit

鼻孔縁下降術のデメリット

鼻孔縁下降術を受けるにあたり、デメリットとして以下の4つが挙げられます。

  • 施術を受けられるクリニックが限られる
  • 複合組織移植の場合鼻の穴から突出した皮膚が見えてしまう
  • 鼻先の厚みが増しているように見える
  • 感染や化膿を起こす場合がある

受けられるクリニックが限られる

鼻孔縁下降術の経験をもつ医師が日本には少ないため、施術可能なクリニックが限られています。
そのため、鼻孔縁下降術を提供しているクリニックに症例が集中するため、一部のクリニックのみ症例数が多い傾向にあります。
e-クリニックでは、美容医療全般に豊富な経験(十分な経験)を持つ医師のみが在籍していますので、お客様のお悩みに応じて最適な施術をご提案することが可能です。

複合組織移植の場合鼻の穴から突出した皮膚が見えてしまう

耳の軟骨だけでなく皮膚ごと移植する「複合組織移植」の場合には、下からの角度や上を向いた時に、鼻の穴の中から移植した組織が見えてしまう可能性があります。
カウンセリングや問診時に詳しくお話させていただきます。

鼻先の厚みが増しているように見える

鼻先に軟骨を移植して鼻孔縁を下降させるため、鼻先に厚みを感じる場合があります。

感染や化膿を起こす場合がある

施術箇所が感染したり化膿を起こしたりするリスクがあります。
e-クリニックでは、状態に応じて適切な抗生物質を使用するなどの対応をさせていただきますので、術後感染にも配慮して施術を行っております。

Faq

鼻孔縁下降術のよくある質問

術後の通院は必要?

施術の内容によって異なりますが、2日目または3日目、4日目、1週間目に通院が必要です。
経過によっては、来院数が増える場合があります。

固定は付ける?

鼻孔縁下降術の場合は、鼻の固定はいりません。

遠方なのでカウンセリング当日に施術を受けたい

基本的に鼻の施術で当日施術は難しいです。鼻の形は複雑な形をしており、施術時間が長くなる傾向にあるためです。

Price

料金表

鼻孔縁下降術キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥429,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥329,670(税込)
鼻孔縁軟骨移植キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥429,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥329,670(税込)

Doctor このページの監修医について

飯田 秀夫 Hideo Iida

e clinic 統括技術顧問

経歴

略歴

  • 1992年
    東京医科歯科大学医学部卒業
    以降、同大学医学部付属病院、国立がんセンターなどで頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽
  • 2007年
    東京医科歯科大学臨床教授
  • 2009年
    リッツ美容外科東京院
  • 2013年
    リッツ美容外科東京院院長
  • 2014年
    湘南美容クリニック
  • 2018年
    湘南美容クリニック統括技術指導医・辻堂アカデミア院院長
  • 2023年
    eクリニック 横浜みなとみらい院

資格・専門医

  • 日本形成外科学会専門医
  • 医学博士(東京医科歯科大学)

所属学会

  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 国際美容外科学会(ISAPS)会員

無料カウンセリングのご予約はこちら