乳頭縮小の名医の見極め方を現役美容外科医が解説

乳頭が小さい女性のイメージ
乳頭の模型

長く垂れ下がった乳頭や面積が広く大きい乳頭を改善することができる乳頭縮小術。コンプレックスを解消できることは素晴らしいですが、女性にとっては機能的にも重要なパーツなため、施術を躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。失敗したくないなら、婦人科形成やバスト関連の施術を得意とする名医に執刀してもらうのが一番です。
そこで今回は、乳頭縮小の名医の見極め方について解説していきます。当院で採用している乳頭縮小術についてもまとめているので、乳頭縮小を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

横浜みなとみらい院の乳頭縮小の詳細

will

乳頭縮小術を名医に任せないとどうなる?

乳頭縮小術を名医に任せないとどうなるかどうか説明する看護委

経験や技術のない未熟な医師に施術を依頼した場合、術後のトラブルが発生しやすかったり、仕上がりに満足できなかったり、傷跡が目立ってしまったりする可能性が高くなります。乳頭はメラニン色素が多い部分なので通常は時間の経過にともなって傷跡が分かりにくくなりますが、雑に縫合すると目立ってしまうことも。傷跡が目立つことにより、人目に触れたときに手術をしたと気づかれやすくなります。

横浜みなとみらい院の乳頭縮小の詳細

good doctor

乳頭縮小術の名医の見極め方

美容外科は医師免許さえ持っていれば誰でも開業することができるので、医師選び・美容外科選びが特に重要となります。美容整形はたった数ミリの差で印象が良くも悪くも大きく変わってしまうもの。どの美容整形でも言えることですが、乳頭縮小はただ乳頭を小さくすればいいというものではなく、体全体のバランスを見ながらデザインや施術をおこなう必要があります。特に乳管温存術は高い技術を要する術式なので、美容外科によっては取り扱いがないことも。
乳頭縮小の名医の見極め方は以下の通りです。

  1. バスト関連の施術実績が豊富な専門医を探す
  2. 事前に医師の口コミ評判をリサーチしておく
  3. 医師の症例写真・症例動画をチェックする
  4. 美容外科でカウンセリングを受けてみる

それぞれ詳しく解説していきます。

1.バスト関連の施術実績が豊富な専門医を探す

乳頭縮小で失敗したくないなら、信頼できる専門医を選択するようにしましょう。婦人科形成として乳頭縮小を取り扱っている美容外科は多いですが、やはり注目したいのは「実績」や「症例数」です。症例数や実績が多い美容外科はそれだけ医師の経験も豊富なため、一人一人に合ったデザインの提案や術中・術後に発生したトラブル対応などの面でも信頼できます。
また、乳頭縮小以外にも乳輪縮小などバスト関連の施術を幅広く取り扱っている美容外科を選ぶのがおすすめです。特に、自分にどの施術が合うのか分からず医師と損男子ながら決めていきたいと考えている方の場合、乳頭縮小のみを扱っている美容外科を選んでしまうと、知らない間に選択肢を狭めてしまうことにもなりかねません。
近年はホームページで美容外科の実績や医師の経歴を気軽に見ることができますので、さまざまな情報を確認しながら信頼できそうな医師を見極めるようにしましょう。

2.事前に医師の口コミ評判をリサーチしておく

次に、ネットやSNSを使って目星をつけた医師の口コミ評判をリサーチしてみましょう。実際に施術を受けた人の体験談やレビューは非常に参考になります。医師の技術以外にも、看護師やスタッフのサービスの良さ、美容外科の衛生管理や雰囲気、アフターケアの充実度などについても事前に知ることができます。
ただし、インターネット上には情報が溢れているので、しっかりと正しい情報を見極めるようにしましょう。

3.医師の症例写真・症例動画をチェックする

続いて症例写真・動画を確認します。症例写真では医師のデザイン力や美的センス、技術などを見極めることが可能です。美容外科のホームページはもちろん、医師が個人で運営するSNSなどにも掲載されていることが多いです。最近は加工でごまかせないように症例動画を載せている医師も多いため、ぜひ気にして見てみてください。

4.美容外科でカウンセリングを受けてみる

いくらネット上で情報を集めても、いざ来院してみたらイメージと違った、ということは意外にも多いです。最終的には直感や医師との相性も大切になってくるので、少しでも信頼できないと感じたら、その医師に施術を任せることはおすすめしません。最近は無料カウンセリングをおこなう美容外科も多いです。遠慮せずどんどんカウンセリングを受けるといいでしょう。

横浜みなとみらい院の乳頭縮小の詳細

about

そもそも乳頭縮小術とは

乳頭の模型を持ちながら説明している医師

乳頭縮小術は、一般的なサイズと比べて大きめの乳頭や長く垂れ下がってしまった乳頭を改善する目的でおこなう婦人科形成です。日本人の平均サイズは直径・高さ、いずれも8mm程度。一般的には2cmを超えると大きめとなり、乳頭縮小術を視野に入れる方も増えてくる印象があります。しかし、そもそも乳頭が大きくても機能的には何ら問題はありません。バストサイズとのバランスもあるため、自分で大きすぎると感じないようであれば無理に施術をする必要はないと言えるでしょう。
そう言っても、普段他人と比べる機会がない箇所こそコンプレックスの根が深いもの。乳頭の形状やサイズにお悩みの方は、気軽な気持ちで温泉にいけなかったり、パートナーとの関係やスキンシップに悩んでしまったりと日常生活での困りごとも多いのではないでしょうか。中には乳頭が大きいことで「性経験が豊富である」と誤解されたことから気にするようになった、という方もいらっしゃいます。
乳頭縮小術なら、一度の手術で半永久的にバランスの整った理想的な乳頭を手に入れることが可能です。

効果・メリット

乳頭縮小術は、乳頭の余分な皮膚組織などを切除して縫合し、乳頭のサイズを縮めていく施術。乳頭の高さ・長さや面積が整って全体のバランスがよくなります。しわやメラニン色が多い部分なので余程のことがない限り傷跡が目立たず、人目に触れてバレる心配もほとんどありません。また、乳管温存術を選択すればその後の出産や授乳も問題なくおこなうことが可能です。
女性にとって乳頭はもちろん、バスト自体がとてもデリケートかつ大切なパーツです。見た目が整うことで自信がつく、前向きな気持ちになれるといった精神的な面でのメリットを得ることもできるでしょう。

リスク・副作用、ダウンタイム

手術当日の処置時間はおよそ30〜40分と短め。術後は当日からシャワーもできます。入浴・うつ伏せ寝は傷口に負担がかかってしまうため、約一週間後の抜糸が終わるまでは避けてください。
ダウンタイムの症状として、傷口付近を中心に腫れ・赤み・内出血・腫れ等が出る場合があります。いずれの症状も時間の経過とともに落ち着き、術後3ヶ月以上が経過する頃にはほとんど目立たなくなるでしょう。
副作用としては、乳頭や乳輪の血流障害が起こって皮膚が壊死する可能性があります。乳頭まわりの変色が見られる場合は医師や美容外科に相談してみてください。
また、体質などによってごく稀に炎症や感染症が起こることも。ダウンタイム期間が終わったのにも関わらず痛みや腫れが引かない、あるいは症状が悪化しているように感じたら、感染症を引き起こしている可能性が高いです。処置は早い方がいいので極力放置せず、すみやかに美容外科を受診するようにしてください。

横浜みなとみらい院の乳頭縮小の詳細

e clinic

eクリニックの乳頭縮小術

乳頭の模型を持っている女性

eクリニックでご案内している乳頭縮小術は、「乳管温存」と「単純切除」の二種類です。どちらも極めて傷が目立ちにくい術式なので、傷跡から施術履歴に気づかれたくないという方でも安心して受けていただけます。
ただし、術後に授乳をする予定が残っていらっしゃったり、少しでも授乳をする可能性がある方の場合、乳管を残す必要があるため乳管温存術のみのご案内です。

乳管温存

乳管温存術とは、その名の通り乳管を温存したまま乳頭の形を整えていく方法です。余分な皮膚を薄く切除し、高さや大きさを小さく縫縮します。、施術を受けた後でも授乳ができるよう、乳管を温存して乳頭の形を整える施術です。
乳管温存術の最大のメリットは、乳管を残せること。施術を受けた後でも問題なく授乳することができるので、乳頭縮小によってバストの機能が損なわれないかと心配されている方でもお受けいただけます。
ほかにも、傷跡がほとんど残らない、仕上がりがナチュラルでバレにくいといった点もメリット。乳頭に大きな傷を残したくない方も安心です。
一方、形やデザインなどの幅が狭くなる点はデメリットだと言えるでしょう。乳管を残すことに念頭を置くので、どうしても理想通りの見た目にはならないケースもあります。カウンセリングのタイミングで医師と綿密に相談すれば、できる限り理想イメージに近づけることは可能です。

単純切除

単純切除では、余分な乳頭を乳管含めて除去する施術です。授乳期間が終わった方や、授乳する予定がない方におすすめです。乳管温存に比べて形やデザインなどの自由度が高いといった特徴があります。
単純切開を選ぶ一番のメリットは、理想の乳頭の形に仕上げやすい点。具体的に「こうなりたい」という明確なイメージがあり、かつ今後授乳の予定がない方に選ばれやすいです。もちろん仕上がりもナチュラルで、傷跡は目立ちません。
デメリットとしては、バストの異変に気づきにくく乳がんの発見が遅れやすい、授乳ができなくなる、といったことが挙げられます。
乳がんには「乳管から茶色みのある分泌液が出る」という症状があり、これが早期発見に繋がることが多いのですが、単純切除では乳管ごと切除してしまうので異変に気づきにくいです。そのため、単純切除で乳頭を縮小した場合、自分で意識してこまめに乳がん検査を受けるようにしましょう。また、今後出産する可能性が少しでも残っている方は、後悔しないためにも慎重に検討するようにしてください。

横浜みなとみらい院の乳頭縮小の詳細

summary

乳頭縮小ならeクリニック横浜みなとみらい院

横浜みなとみらい院 の受付
横浜みなとみらい院のエントランス
横浜みなとみらい院のカウンセリングルーム
横浜みなとみらい院の廊下
横浜みなとみらい院のメイクルーム
横浜みなとみらい院の外観

今回は乳頭縮小術の名医の見極め方について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。乳頭縮小術は、医師選びさえ適切におこなえれば比較的安全で失敗の少ない施術です。施術時間も30〜40分と短く、手軽にコンプレックスを解消することができます。
eクリニック横浜みなとみらい院は、婦人科形成の症例数が豊富です。実績のある医師が丁寧なカウンセリングをおこない、一人一人に合ったデザインをご提案します。乳頭縮小をご検討されている方は、ぜひ一度eクリニック横浜みなとみらい院へお越しください。

横浜みなとみらい院の乳頭縮小のバナー

横浜みなとみらい院で人気の乳頭縮小のご予約はコチラから⇒