眼瞼下垂手術(目つき矯正)

目つきで悩んでいる女性

眼瞼下垂とは、生まれつきや加齢・遺伝などが原因により目を開く筋肉が弱まり、目が開けづらくなる症状です。
目を開ける筋肉を「眼瞼挙筋」と呼びます。
この眼瞼挙筋の筋力が弱まると、黒目が瞼に隠れてしまい、目つきが悪い・眠たそうといったネガティブイメージを相手に与える可能性があります。
このようなイメージを与えやすい眼瞼下垂に対し、挙筋腱膜前転法やミュラー筋タッキング法、挙筋短縮術などをおこなうことで、眼瞼下垂を改善することができます。

e-クリニックでは、お客様のお悩みに合わせてカウンセリングをおこない、適切な施術をご提案いたします。眼瞼下垂にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

About

眼瞼下垂手術について

眼瞼下垂の手術を受けた女性の症例写真

眼瞼下垂にも、軽度から重度までさまざまな症状があります。
軽度の場合は、目の開けづらさはあるものの、まぶたが黒目を覆うことはありません。
しかし、重度の眼瞼下垂は、がんばって目を開けようとしても、まぶたが黒目を半分以上も覆ってしまいます。
このような症状の違いもあり、手術方法も異なります。軽度の場合は挙筋腱膜前転法、重度の場合はミュラー筋タッキング法と挙筋腱膜前転法を組み合わせて行う手術方法、もしくは挙筋短縮術をおこなっています。

About

e-クリニックの眼瞼下垂手術

e-クリニックで行っている挙筋腱膜前転法とミュラー筋タッキング法を説明いたします。
挙筋腱膜前転法は「切る眼瞼下垂手術」、ミュラー筋タッキング法は「切らない眼瞼下垂手術」といわれております。

挙筋腱膜前転法

まずは、慎重に切開する部分をデザインします。この時点で仕上がりに影響がでるため、医師の技量が大切です。e-クリニックでは、日本トップレベルの技術を提供するために、全国の医師と交流を深め技術交換を積極的におこなっております。麻酔をおこない、皮膚の表面を電気メスとRFナイフを使い分け切開しながら、同時に止血もおこないます。
挙筋と腱膜と瞼板の位置を確認し、挙筋を引っ張り、固い瞼板に糸で縫い付けて固定します。
余った腱膜を切除し二重ラインが美しく見えるように、丁寧に縫合します。

ミュラー筋タッキング法

上瞼を裏返し、ミュラー筋という組織に糸を通します。ミュラー筋は瞼を持ち上げる役割があります。
ミュラー筋を糸で結びます。糸は埋没されているため、外見からは手術したことがわかりません。

Type

眼瞼下垂の種類

眼瞼下垂の種類を説明している看護師

眼瞼下垂を大きく分類すると2つの種類にわけることができます。

  • 腱膜性眼瞼下垂
  • 偽眼瞼下垂症

腱膜性眼瞼下垂

眠たそうな目が特徴的で、腱膜が緩く目が開けづらい状態です。先天的や後天的により、腱膜が緩い状態で目が開きづらい眼瞼下垂です。
e-クリニックに来院され、眼瞼下垂手術を受けにいらっしゃる10代から20代の女性のほとんどは、先天的に少し腱膜の瞼板の結合がゆるい状態です。
また、日本人の7割程度が目の開きが弱いといわれています。
普段の生活に支障はありませんが、ぱっちりとした目に比べると目の開きが弱い状態です。

偽眼瞼下垂症

まぶたがたるんだ状態で、眼瞼下垂のように見える症状を偽眼瞼下垂症(皮膚弛緩症)といいます。
一見、眼瞼下垂に見えるのですが、筋肉の機能には問題がありません。加齢によるたるみ以外にも、アイプチを長年続けることでまぶたにたるみが生じることもあります。
偽眼瞼下垂症も視野が狭くなり、黒目にまぶたがかかってしまいます。また、目を開くのに力が入りすぎるため、眉間やおでこにしわが寄ったり、肩こりや頭痛の原因となってしまうのです。
目の開きは良いので基本的に眼瞼下垂の手術の必要はありません。しかし、目つきが悪いなどのマイナスな印象を改善するために、たるみ取り併用全切開、眉下切開、埋没法の手術法が適用となります。

Point

失敗しない眼瞼下垂術のポイント

眼瞼下垂術のポイントの説明図

e-クリニックでは、積極的に他院修正もおこなっているため、眼瞼下垂術の再手術を希望されるお客様が全国から来院されています。
眼瞼下垂術においては、目の頂点のみが上がってしまったような三角目やワニのような目など、いびつな形で目が開くようになってしまう失敗例が多く見られます。

眼瞼下垂術では2点、もしくは3点で腱膜と瞼板を固定します。この固定する点で目の形が決まります。
また、手術に時間がかかると、手術中に目が腫れる場合があり、手術後の目の形の予測が困難となり、いびつな形になる可能性がでてくるのです。

眼瞼下垂術は30分から60分で手術を終える必要があり、医師の技術と経験がとても重要です。

e-クリニックでは、経験豊富な医師がしっかりと確認をおこない丁寧な手術をいたします。
さらに、e-クリニックでは、手厚い保証制度をご用意しております。修正が必要となった場合には、保証期間内であれば無料で修正いたします。

高品質な美容医療を低価格で提供し続ける事を目標に、一人ひとりのお客様に寄り添う美容医療をおこないます。お一人で悩まずに、ぜひ一度e-クリニックにご相談ください。我々スタッフが人生を楽しめる為のお力になります。

Price

料金表

眼瞼下垂単独キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥346,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥247,170(税込)
切らない眼瞼下垂 タッキング法キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥164,670(税込)
切らない眼瞼下垂 挙筋短縮法キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥346,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥247,170(税込)
切らない全癒着二重術+眼瞼下垂キャンペーン価格 ¥429,000(税込)
モニター価格 ¥329,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥643,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥494,670(税込)
目つき矯正
(眼瞼下垂に対するオプション)
キャンペーン価格 ¥132,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥198,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥164,670(税込)
全切開+眼瞼下垂or
たるみ取り併用全切開+軽度眼瞼下垂
キャンペーン価格 ¥308,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥462,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥329,670(税込)
全切開+眼瞼下垂or
たるみ取り併用全切開+中度眼瞼下垂
キャンペーン価格 ¥385,000(税込)
モニター価格 ¥274,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥577,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥412,170(税込)
睫毛上皮膚全切開キャンペーン価格 ¥385,000(税込)
モニター価格 ¥274,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥577,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥412,170(税込)
睫毛上皮膚全切開+眼瞼下垂キャンペーン価格 ¥462,000(税込)
モニター価格 ¥329,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥693,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥494,670(税込)

Doctor このページの監修医について

飯田 秀夫 Hideo Iida

e clinic 統括技術顧問

経歴

略歴

  • 1992年
    東京医科歯科大学医学部卒業
    以降、同大学医学部付属病院、国立がんセンターなどで頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽
  • 2007年
    東京医科歯科大学臨床教授
  • 2009年
    リッツ美容外科東京院
  • 2013年
    リッツ美容外科東京院院長
  • 2014年
    湘南美容クリニック
  • 2018年
    湘南美容クリニック統括技術指導医・辻堂アカデミア院院長
  • 2023年
    eクリニック 横浜みなとみらい院

資格・専門医

  • 日本形成外科学会専門医
  • 医学博士(東京医科歯科大学)

所属学会

  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 国際美容外科学会(ISAPS)会員

無料カウンセリングのご予約はこちら