目の上のたるみ取り(眉下切開)

眉下切開の手術を受けた女性
眉下切開の症例

眉下切開は、上まぶたと眉毛の間にある脂肪を除去することで、上まぶたをすっきりした印象に改善するための施術です。
上まぶたは顔の中でも皮膚が非常に薄く、年齢とともにたるみがちなパーツです。
眉下切開術は上まぶたに傷を作ることなく上まぶたのたるみを改善することができる施術ですので、たるみがちな目元を明るく若々しくみせる効果に期待ができます。


eクリニックの眉下切開は、お客様一人ひとりのお顔立ちや目元のバランスを計算し、自然な仕上がりになるよう丁寧に施術していきます。
眉毛の毛根を極力温存できるよう緻密にデザインを行いますので、施術バレしにくくナチュラルなデカ目になれると評判の施術です。

Cause

目の上がたるむ原因

加齢による影響

目の上の皮膚はとても薄く、年齢とともに表情筋の機能が落ちてきたり、美容成分の生成量が減少したりすると、既存の脂肪を支え続けることができなくなって皮膚がたるんできます。
いわゆる重力に負けてしまった状態で、目元の印象が腫れぼったく、眠たそうな暗い印象になってしまいます。
またたるんでしまった皮膚の影響で視野が狭くなってくると、無意識に目を見開こうと力んでしまい、目元のシワが増える原因にもなりかねません。

Cause

パソコンやスマホの見すぎ

スマホを見る女性

現代では仕事やプライベートの中で、強い光を発する電子機器を眺める時間が非常に長くなってきています。
またコンタクトレンズを使用する女性も増えていることから、目元には想像以上の負荷がかかっている状態です。
目元に負荷がかかった状態でまばたきなどを繰り返すと、目の筋肉に摩擦や伸びが生じてしまい、収縮力が低下すると言われています。
筋肉が元に戻る力を失った状態の上まぶたは元の位置まで開ききることができなくなり、目の上のたるみにつながります。
目を酷使している状態に加えて視野が不良になってしまい、肩こりや頭痛といった健康被害のもとにもなりやすい症状です。

About

eクリニックの眉下切開とは

眉下切開と全切開を併用した症例

eクリニックの眉下切開は、お客様一人ひとりの上まぶたを確認し、たるみの状態を確認したうえで、眉毛のラインに沿ってメスを入れる施術です。
上まぶたそのものを切開するのではなく、上まぶたよりも皮膚の厚い眉毛の部分を切開しますので、術後の腫れがある程度抑えられるという効果があります。
またなんといっても傷跡が眉毛のラインに隠れやすい位置にできますので、施術バレしにくいと人気です。

眉下切開の切開範囲

eクリニックの眉下切開は、お客様の眉毛の毛根や生え方のクセなどを考慮して、切開部分を決めていきます。
特に眉毛の毛根を切開してしまうとその部分からは眉毛が生えなくなってしまうため、慎重に切開範囲を調整する必要があります。
切除する脂肪や皮膚の量によって異なりますが、3cm~5cm幅にメスを入れていきます。

不要な脂肪の除去

上まぶたと眉毛の間には、ROOFという脂肪組織が存在しています。
目の上のたるみはこのROOFの重みを、上まぶたが支えきれなくなることによって引き起こされていますので、切開後はROOFを切除していきます。
完全にROOFを除去してしまうと目の上が不自然にくぼみ、眼球が飛び出て見えてしまいますので、切除量は正面の印象も横顔の印象も不自然にならない範囲で慎重に検討していきます。

他の施術と組み合わせての施術も可能

また生まれつきの顔立ちやライフスタイルによる変化などで上まぶた部分に脂肪がしっかりとついている場合は、全切開との併用をおすすめさせていただく場合もございます。
上まぶたの脂肪周りには血管が集中していますので、眉下切開に固執して血管を避けながら上まぶたの脂肪も除去しようと無理をすると、傷跡が広くなってしまい、仕上がりの美しさに影響が出てしまいます。
リスクや他の施術との併用に関しては、施術前のカウンセリングで詳しくご説明させていただいておりますのでご安心ください。

余剰な筋肉と皮膚の切除

上まぶたと眉毛の間にある、伸びきってしまった筋肉やたるんだ皮膚も、お客様ごとに微調整をしながら切除していきます。
不自然に切除しすぎてしまうと、上まぶたのつっぱり症状やつり目の印象といった悪影響につながってしまうため、5㎜~1cmの範囲で慎重に切除していきます。

また他院の眉下切開の施術後に相談にいらっしゃる方から多く寄せられるお悩みが、仕上がりの左右差です。
不要になった筋肉と皮膚を切除する際は、お客様ごとに異なる目元の状態を考慮して、仕上がりに左右差が出ないよう慎重に施術を行う必要があります。
そのため、eクリニックでは、眉下切開の経験と知識が豊富な医師のみが施術を担当し、仕上がりの美しさにこだわっています。
傷跡が残らないよう、また左右差がでないようにこだわるのはもちろんのこと、お客様としっかりコミュニケーションを取りながら、施術後のイメージギャップが生じないようご対応させていただきます。
当院ならではのアフターフォローや保証制度も設けていますので、ご不安な点はカウンセリングのなかでお気軽にご質問ください。

縫合

眉下切開の術後の傷跡

眉毛の下ライン、もしくは眉毛の中に少し入ったところに縫合痕がくるよう、慎重に調整しながら縫合を行います。
眼輪筋を引き上げながら、また上まぶたのデザインを調整しながら行います。
二重の幅が広がり、くっきりと明るい目元へと印象が変化します。

Price

料金表

眉下切開キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥346,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥247,170(税込)
ROOF切除(全切開、眉下切開と併用)キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥132,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥115,170(税込)
ROOF切除単独キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥164,670(税込)

Doctor このページの監修医について

飯田 秀夫 Hideo Iida

e clinic 統括技術顧問

経歴

略歴

  • 1992年
    東京医科歯科大学医学部卒業
    以降、同大学医学部付属病院、国立がんセンターなどで頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽
  • 2007年
    東京医科歯科大学臨床教授
  • 2009年
    リッツ美容外科東京院
  • 2013年
    リッツ美容外科東京院院長
  • 2014年
    湘南美容クリニック
  • 2018年
    湘南美容クリニック統括技術指導医・辻堂アカデミア院院長
  • 2023年
    eクリニック 横浜みなとみらい院

資格・専門医

  • 日本形成外科学会専門医
  • 医学博士(東京医科歯科大学)

所属学会

  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 国際美容外科学会(ISAPS)会員

無料カウンセリングのご予約はこちら