処女膜切開術・処女膜再生術

hymenotomy

処女膜が気になっている女性
処女膜のイメージ

処女膜とは、膣の入り口にある薄い粘膜のひだをいい、中央に小さな穴が開いています。
形や固さには個人差があり、処女膜が固い方は性交時に痛みを感じやすく、出血を起こす場合もあります。

処女膜は、性行為やタンポンの挿入、激しい運動により破れるのが特徴です。
しかし、先天的に処女膜が厚く固い方もおり、そのような方は処女膜が破れにくいため、性行為の度に出血や強い痛みを伴う可能性もあります。

一方、初めての性行為を行う以前に、運動やタンポンの挿入などによって処女膜が破れてしまう場合もあり、このようなケースでは、「処女膜を再生させたい」というお悩みを持たれる方もすくなくありません。

処女膜切開術・処女膜再生術は、処女膜に関連するトラブルやお悩みを解決できる施術(治療)です。

interest

処女膜によるトラブル

処女膜によるトラブルには、処女膜強靭症や処女膜閉鎖症といったものがあります。

処女膜強靭症について

性交痛を起こす原因はいくつかありますが、その一つに処女膜強靭症が挙げられます。
通常、処女膜は柔らかいため性行為の挿入時などで破れます。
処女膜が破れた際、しばらく痛みや出血がある方もいますが、回数を重ねていくにつれておさまっていくのが特徴です。
しかし、処女膜強靭症の場合、名前の通り処女膜が固く、挿入するたびに痛みや出血といった症状が現れてしまいます。
非常にデリケートな問題であることから、パートナーに相談することもできず、1人でお悩みを抱えてしまう女性も少なくありません。

処女膜閉鎖症について

処女膜閉鎖症は、2000人に1人にみられる疾患で、処女膜が完全に塞がってしまう状態をさします。
初経が来るまで無症状であることが多く、月経が始まり、徐々に下腹部痛が起こるまでは、処女膜閉鎖症という状態に気がつけない場合が大半です。

Menu

処女膜切開術

処女膜切開術のイメージ

処女膜切開術は、性交痛や性行為時の出血に悩む女性に行う婦人形成術です。
固くなった処女膜を切開することで膣口を広げ、性行時の痛みや出血を改善します。
メスによる切開を伴う施術ですが、痛みのピークは2〜3日と比較的軽く、日帰り施術が可能です。
施術時間も比較的短く15分程度で終わり、傷跡も目立ちにくい施術となっています。

Menu

処女膜再生術

処女膜再生術のイメージ

処女膜再生術は、膣の粘膜を特殊な糸で縫い合わせ、処女膜を再生させる施術です。
処女膜は、性行為以外に激しいスポーツなどでも破れますが、男性の多くはその事実を知りません。
そのため、はじめて女性に男性のパートナーができ、未経験にもかかわらず処女膜がないことを男性に指摘され、悲しい気持ちや複雑な気持ちになり悩んでしまう女性もいます。
こういった処女膜のお悩みを解決できるのが処女膜再生術です。

処女膜再生術を行ったとしても、その後一度の性行為で再生させた処女膜は破れますが、一時的に処女膜を再生させたい方に向いています。

Recommend

処女膜切開術がおすすめな人

処女膜再をしようか迷っている女性

個人差はありますが、処女膜切開術がおすすめな方は以下の通りです。

  • 性行為が痛くつらい
  • 挿入がスムーズにいかない
  • 性行為を行う度に出血する
  • 子どもが欲しいのに性行為ができない
  • 日帰りで施術したい
  • 処女膜閉鎖症に悩まされている

Recommend

処女膜再生術がおすすめな人

処女切開術をしようか迷っている女性

個人差はありますが、処女膜再生術がおすすめな方は以下の通りです。

  • 処女膜を再生したい方
  • 初体験の感覚を再び体験したい方
  • パートナーから処女と思われたい方
  • スポーツなどで処女膜が破れてしまい再生したい方

How

処女膜切開術・処女膜再生術の施術方法

eクリニックで行う処女膜切開術・処女膜再生術の施術方法をご紹介します。

処女膜切開術の施術方法

処女膜切開術を行う前に、まずはカウンセリングにて状態を確認します。

施術当日は麻酔をかけてから施術に臨むため、痛みの心配はありません。
処女膜切開術は特殊な高周波メスを使用して行います。
縫合までの施術時間は、およそ15分です。

処女膜再生術の施術方法

処女膜再生術を行う前に、まずはカウンセリングを行い状態を確認します。

施術当日は、カウンセリングで決めた方針に沿って手術を行っていきます。
施術には麻酔を使用しますので、痛みなどの心配はありません。

また、縫合した糸が外側から見えてしまう心配はありません。

施術に関する注意点

処女膜切開術・処女膜再生術ともに、施術後、麻酔が切れると痛みが徐々に出てくることがありますが、約2〜3日をピークに1週間かけて次第に落ち着いていきます。

腫れに関しても1週間かけて徐々に引いていくため、心配はいりません。
また、内出血が生じる場合がありますが、1〜2週間でおさまっていきます。

もし、患部の熱感や痛み、腫れなどが引かない、あるいは悪化がみられる場合は、感染症を起こしている可能性があるため、速やかにご連絡をいただき、必要な対応を行います。
また、ナプキンの頻回な交換が必要になる出血量がみられる場合も、すぐにご連絡をいただきます。

施術後すぐの激しいスポーツや力仕事は、傷口が開く恐れがあるため控えていただきますようお願いいたします。
入浴も1週間は控えていただき、シャワーは翌日から可能です。

Risk

処女膜切開術・処女膜再生術のリスクについて

処女膜切開術は、施術時に麻酔を行うため痛みはほとんど感じませんが、麻酔が切れると次第に痛みを感じるようになります。

また、まれに傷口に細菌が侵入してしまい感染症を起こす場合や、処女膜がもとに戻ってしまう場合があります。

Faq

よくある質問と回答

生理中でも受けられますか?

生理中は衛生面などを考慮すると、施術を避けた方がいいです。
生理日以外でご予約いただくなどの対応をお願いしております。

パートナーには内緒で施術を受けたいです。性行為を避ける日数を教えてください。

パートナーとの性行為は1ヶ月後から可能です。ただし、傷口の状態によっては早くから可能な場合や、反対に1ヶ月以上避けなければならない場合もありますので、正確な日数は術後経過をみて判断いたします。

未成年ですが、親には内緒で施術を受けられますか?

残念ながら、未成年の方は保護者の了承なく施術を受けられません。成人されるまで治療を待っていただくか、勇気を出して保護者の方に相談していただき、同意書を書いていただくかのどちらかになります。

痛みが想像できません。痛みに敏感なのですが受けられますか?

eクリニックでは、さまざまな麻酔の種類を取り揃えておりますので、安心して施術を受けていただけます。もし痛みが心配なようでしたら、カウンセリング時に施術時の麻酔についてご相談させていただきます。

Price

料金表

処女膜切開術¥154,000(税込)
開院キャンペーンモニター価格 ¥88,000(税込)
処女膜再生術¥154,000(税込)
開院キャンペーンモニター価格 ¥88,000(税込)
静脈麻酔¥33,000(税込)
笑気麻酔+局所麻酔¥11,000(税込)

Doctor このページの監修医について

劉奕阳医師

劉 奕陽 Liu Yiyang

e clinic 横浜みなとみらい院医師

経歴

略歴

  • 順天堂大学医学部卒
  • 国保旭中央病院放射線科
  • 都内美容皮膚科
  • 大手美容外科大宮院
  • 都内美容外科
  • eクリニック

資格・専門医

  • ボトックスビスタ® 認定資格医
  • ジュビダームビスタ® 認定資格医

所属学会

  • 日本美容外科学会 正会員

無料カウンセリングのご予約はこちら