大陰唇たるみ取り

大陰唇のたるみが気になる女性

大陰唇たるみ取りは、加齢や皮下脂肪の萎縮などによりたるんでしまった大陰唇にハリを与える施術です。
左右のバランスを整えながら余分に余った皮膚を除去し、丁寧に綺麗に縫合することでハリのある大陰唇にすることができます。
縫合に使われる糸には2つのタイプがあり、吸収糸と呼ばれる「溶けるタイプの糸」と通常の医療用の縫合糸があります。吸収糸の場合は皮膚組織に吸収され溶けていくため、抜糸の必要はありません。

About

大陰唇とは

大陰唇は、女性器の外側にある陰毛が生える部分を指します。
小陰唇の周囲にある皮膚と皮下組織(皮下脂肪)でできており、脱毛施術などでは「Iライン」とも呼ばれています。

Cause

大陰唇がたるむ原因

大陰唇がたるむ原因は主に5つあります。

  • 遺伝による先天性的なもの
  • 加齢によるもの
  • 妊娠・出産によるもの
  • 急激な体重の増加によるもの
  • 外部的な刺激によるもの

遺伝による先天性的なもの

大陰唇のたるみの原因は、先天性的なものと後天性的なものがあります。
生まれつき大陰唇のたるみがある方は、親からの遺伝または親族からの隔世遺伝が原因です。
大陰唇の形状は個人差があり、大陰唇内の脂肪が少なくフラットな方、脂肪が少なくたるみがある方、脂肪が多くふっくらしているあるいはふっくらしすぎている方などさまざまです。

加齢によるもの

年齢を重ねるにつれて大陰唇のたるみが気になり出したら、原因は加齢にあると考えられます。
年齢を重ねると、大陰唇内の脂肪が減少したり、皮膚のハリを保つコラーゲンが減少しやすくなるため、加齢によって大陰唇のたるみが出現する可能性があります。

妊娠・出産によるもの

妊娠または出産してから大陰唇のたるみが気になり出したら、妊娠出産が原因の可能性があります。
妊娠中や出産による原因である場合、急激な体型の変化が要因となって大陰唇がたるんでいると考えられています。

急激な体重の変化によるもの

今までに急激に太ったり痩せたりした経験がある方は、その時の急激な体重変化によって大陰唇がたるんでいる可能性が高いです。
徐々に体重が減る場合は、それに順応しようと皮膚も徐々に収縮されていきます。
しかし、急激に体重が減少すると皮膚の収縮するスピードが追いつけなくなり、余分な皮膚ができてたるみが生じてしまいます。

外部的な刺激によるもの

大陰唇は他の皮膚組織に比べるとデリケートな部分であるため、外部からの刺激に弱い性質があります。
外部の刺激として、「下着の摩擦」「アトピーなどの皮膚疾患でかいてしまう」「ナプキンのムレによるかぶれ」「下着の通気性が悪いことによるかぶれ」「カンジダ膣炎などによるかゆみ」などが挙げられます。
このような刺激は肌にダメージを与え、黒ずみだけでなく皮膚のたるみも起こしてしまいます。

Method

大陰唇のたるみに効果がある施術方法

大陰唇のたるみを改善する方法として、以下の3つがあります。

  • レーザーによる施術
  • メスを使った切除術による施術
  • 注射器を使った注入法による施術

レーザーによる施術

レーザーによる大陰唇たるみ取りは、女性器専用のレーザー機器を使ってハリが失われた皮膚にハリを与える施術です。
レーザーの熱は、コラーゲンやエラスチンといったハリを保つための細胞を生成する「線維芽細胞」を刺激し、活性化させる効果があります。
線維芽細胞の働きが活発化するとコラーゲンやエラスチンが増加するため、肌の弾力性が向上し、大陰唇のたるみを改善させることが可能です。

メス・レーザーを使った切除術による施術

切除による大陰唇たるみ取りは、たるんだ余分な皮膚を切除し、たるみを改善する外科的施術です。
切除方法としてメスを使用したものとレーザーを使用したものがあります。
切除が完了したあと丁寧に縫合することで、つるんとした大陰唇を手にいれることができます。
傷跡はほとんど残りません。

注射器を使った注入法による施術

注射器を使った注入法で大陰唇のたるみを改善できます。
注入法にはヒアルロン酸注入と脂肪注入があり、どちらの方法も、脂肪が少なくなりたるみが出ている大陰唇をふっくらとさせることが可能です。
ダウンタイムも少なく、注射針の極小の傷なので傷跡が目立つことも残ることもありません。

Method

e-クリニックでの大陰唇たるみ取りの施術方法

e-クリニックでの大陰唇たるみ取りの施術方法を案内している看護師

e-クリニックでの大陰唇たるみ取りは、メスによる切除術をご案内しています。
「大陰唇をふっくらとさせて大陰唇のたるみを取り除く場合」には、脂肪注入という施術方法もご提案も可能です。
大陰唇たるみ取りには様々なアプローチの方法がありますので、お一人おひとりに合った施術方法をご提供させていただきます。

Method

大陰唇たるみ取りの縫合方法

メスを使用する切開法で大陰唇たるみ取りを行った場合、施術時の傷口を縫合して塞いでいく必要があります。
縫合の方法としては、外縫いと中縫いと呼ばれる2つの方法が存在し、e-クリニックでは、外縫いと中縫いのどちらも取り扱っております。
※お客様の状況に応じて最適な方法をご提案させていただきます

外縫い

外縫いは、切開した皮膚の表面を縫合し、傷を塞ぐ方法です。
外縫いの場合、施術費用が安いケースがありますが、縫合糸が目立つため施術跡がわかりやすいというデメリットがあります。

中縫い

中縫いは、溶ける医療用の糸を使用して副皮の内部から縫合を行う方法です。
傷跡も目立ちにくく糸はとけるものを使用するため、抜糸の必要がありません。

Price

料金表

大陰唇たるみ取り 外縫いキャンペーン価格 ¥88,000(税込)
片側料金 ¥61,600(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥132,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥115,170(税込)
大陰唇たるみ取り 中縫いキャンペーン価格 ¥154,000(税込)
片側料金 ¥107,800(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥164,670(税込)

Doctor このページの監修医について

劉奕阳医師

劉 奕陽 Liu Yiyang

e clinic 横浜みなとみらい院医師

経歴

略歴

  • 順天堂大学医学部卒
  • 国保旭中央病院放射線科
  • 都内美容皮膚科
  • 大手美容外科大宮院
  • 都内美容外科
  • eクリニック

資格・専門医

  • ボトックスビスタ® 認定資格医
  • ジュビダームビスタ® 認定資格医

所属学会

  • 日本美容外科学会 正会員

無料カウンセリングのご予約はこちら