副皮除去術

デリケートゾーンの余分な副皮が気になる女性

婦人科形成分野の施術のひとつである「副皮除去術」は、デリケートゾーンの余分な副皮を切除する施術です。
副皮が原因のデリケートゾーンのニオイや炎症などのお悩み改善を目的としています。
また副皮除去術は、小陰唇縮小術と同時に行うことが多く、併用することで、全体的なバランスを整えることができます。
縫合の糸は通常の医療用縫合糸と医療用の溶ける糸の2種類があり、取扱いはクリニックや術式によって異なります。
傷跡がほとんど残らず、比較的手軽にデリケートゾーンを整えることができる施術であるため、副皮除去術を受ける女性が増加傾向にあります。

Feature

女性器の部位の名称と特徴

副皮の図解

副皮除去術に関する女性器の部位の名称と特徴を解説します。

副皮とは

副皮とは、大陰唇と小陰唇の間にあるヒダのことをさします。
とはいえ、この定義は日本のものであり、海外ではクリトリス包皮の一部であると定義している国もあります。
副皮の形状や特徴は個人差が大きく、副皮がない方がいたり、片方しかない方がいたり、二重・三重になっている方もいたりします。
副皮はそのものは悪いものではなく、健康を脅かすようなものではありません。しかし、副皮の形状によっては分泌液の垢がヒダに溜まりやすくなり、その結果気になる臭いを発するようになるケースがあります。
また、副皮によってクリトリスが覆われてしまうことで、不感症になってしまう場合もあり、性行為やパートナーとの人間関係に影響を及ぼす可能性もあります。

大陰唇とは

大陰唇とは、デリケートゾーンの外側にある大きな脂肪の膨らみで、内側にある生殖器と尿道口を守る役割があります。
副皮や小陰唇とは異なり左右差に個人差がなく、対称となっているのが特徴です。

小陰唇とは

小陰唇とは、大陰唇の内側にあるヒダで、尿道口や膣口を保護するためにあります。
大きさや形は人によって大きく異なり、左右差がある方やギザギザした形の方などがいます。
よって、はっきりとした正常な形や大きさの基準はありません。

Method

副皮除去術の施術方法

副皮のイメージ

副皮除去術は、大陰唇と小陰唇の間にある副皮を切開し、除去する施術です。
基本的にデリケートゾーンは傷跡が残りにくい特徴があるため、切開術であっても傷跡や施術がバレてしまうなどの心配はいりません。

よりデリケートゾーンのバランスを整えたい場合は、小陰唇縮小術との併用施術を行います。
痛みを感じないよう、施術する前に静脈下麻酔などの麻酔を使用してからの施術となります。

Method

副皮除去術の縫合方法

副皮除去術の縫合の仕方は、主に2つあります。

外縫い

外縫いは、切開した皮膚の表面を縫合し、傷を塞ぐ方法です。
外縫いの場合、施術費用が安いケースがありますが、縫合糸が目立つため施術跡がわかりやすいというデメリットがあります。

中縫い

中縫いは、溶ける医療用の糸を使用して副皮の内部から縫合を行う方法です。
傷跡も目立ちにくく糸はとけるものを使用するため、抜糸の必要がありません。

Recommend

副皮除去術がおすすめな人

副皮の大きさを気にしている女性

副皮除去術は、個人差はありますが、以下のような方におすすめです。

  • 大きさや副皮の有無など左右差があるのが気になっている方
  • 炎症を起こしやすく悩んでいる方
  • デリケートゾーンのニオイが気になる方
  • パートナーから指摘を受けて気になっている方
  • 介護を受ける時のためにデリケートゾーンの見た目を整えたい方

Merit

副皮除去術のメリット

副皮除去術のメリットには「傷がほとんど残らない」「デリケートゾーンのニオイの緩和や改善を目指せる」「見た目に自信がつく」「心身ともに良い方向に向かう」の4つがあります。

外縫いの縫合法で施術部分が目立つのは縫合中(施術直後のダウンタイム時)だけですので、抜糸をすればほとんど目立ちません。

副皮の形を整えたり小さくすることで、洗浄しやすくなって垢が溜まりにくくなるため、デリケートゾーンのニオイを改善に導くことが可能です。

また、デリケートゾーンの形が整われることで見た目にも自信がつき、心身ともに前向きな気持ちになれるのも、副皮除去術の大きなメリットといえます。

Demerit

副皮除去術のデメリット

副皮除去術のデメリットには「外縫いにすると抜糸するまで傷口が目立つ」「術後しばらく
軽い出血がある」の2つがあります。

抜糸をすればそれほど傷跡は目立ちませんが、外縫いは皮膚の表面を縫合する方法ですので、どうしても糸が表面に見えてしまいます。

術後しばらくは、軽い出血を伴うことがありますので、ナプキンを着けることをおすすめしております。

Faq

副皮除去術に関するよくある質問

生理中でも受けられる?

生理中は衛生面などを考慮すると、施術を避けた方がいいです。
なるべく生理日以外でご予約をお願いしております。

出産に影響はある?

小陰唇は産道よりも外側にあり、出産への影響は考えにくいため、出産の前後どちらでも施術を受けられます。

術後痛みはある?

傷口に触れると痛みを感じますが、1週間程度でおさまります。

性行為はいつからできる?

性行為はおおむね1か月後から可能ですが、術後の経過によってはさらに期間が延びる場合もあります。

Price

料金表

副皮除去術 外縫いキャンペーン価格 ¥88,000(税込)
片側料金 ¥61,600(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥132,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥115,170(税込)
副皮除去術 中縫いキャンペーン価格 ¥154,000(税込)
片側料金 ¥107,800(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥231,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥164,670(税込)

Related Column 関連コラム

Doctor このページの監修医について

劉奕阳医師

劉 奕陽 Liu Yiyang

e clinic 横浜みなとみらい院医師

経歴

略歴

  • 順天堂大学医学部卒
  • 国保旭中央病院放射線科
  • 都内美容皮膚科
  • 大手美容外科大宮院
  • 都内美容外科
  • eクリニック

資格・専門医

  • ボトックスビスタ® 認定資格医
  • ジュビダームビスタ® 認定資格医

所属学会

  • 日本美容外科学会 正会員

無料カウンセリングのご予約はこちら