大陰唇脂肪注入

大陰唇脂肪注入を考えている女性

大陰唇脂肪注入は、お客様自身の太ももなどから脂肪を採取し、痩せてしまった大陰唇に脂肪を注入してふっくらさせる施術です。
大陰唇脂肪注入は細い針の注射のみで施術を行うため、大陰唇に傷跡が残ることはなく、美容施術のことをパートナーに知られてしまう心配もありません。
また、注入による施術のためダウンタイムも少ないほか、お客様自身の脂肪を使用するため、アレルギーを起こす心配もありません。

e-クリニックでは、脂肪吸引部位へのダメージを減少させるために、最新の脂肪吸引マシンを導入し、吸引部位(太ももなど)の傷跡も最小限になるような施術をさせていただいております。
通常の脂肪吸引の場合はダウンタイムが長くなってしまう場合もありますが、e-クリニックでは体へのダメージを最小限にするように吸引を行いますので、デリケートゾーンだけではなく、脂肪吸引部位もキレイな仕上がりを実現することが可能です。

About

大陰唇とは

大陰唇の図解

大陰唇はIラインともいわれるデリケートゾーンの部位で、女性器の外側にあり陰毛が生える部分です。
小陰唇の周囲にある皮膚と皮下脂肪でできています。
大陰唇が女性器の大まかな形を作っているため、大陰唇の状態によって女性器の見た目や小陰唇の露出状態が変化します。
大陰唇周囲の脂肪を補うことで、大陰唇や女性器の形を整えることができるのが大陰唇脂肪注入です。

Cause

大陰唇の脂肪が少ないあるいは減少する原因

大陰唇の脂肪が少ない(あるいは減少する)主な原因は3つあります。

  • 遺伝による先天性的なもの
  • 加齢によるもの
  • 急激な体重の増加によるもの

遺伝による先天性的なもの

生まれつき大陰唇に脂肪が少なくフラットな方は、親からの遺伝または親族からの隔世遺伝が原因です。
大陰唇の形状は個人差が大きく、脂肪が少なくたるみがある方、脂肪が多くふっくらしている方、ふっくらしすぎている方などさまざまあります。

加齢や妊娠出産

年齢を重ねたり、妊娠または出産により、大陰唇内の脂肪が減少することがあります。

急激な体重の減少

急激に体重が減少した場合、全体的に脂肪が減るため大陰唇も痩せてしまい、フラットになることがあります。

Trouble

大陰唇の脂肪が少ないことによるトラブル

大陰唇を押さえている女性

大陰唇の脂肪が少なくなりフラットな形状になると、以下のようなトラブルが起こる可能性があります。

  • 弾力がなくなりシワやたるみが生じる
  • 女性器周囲に痛みを感じる
  • 色素沈着で黒ずみが生じやすくなる

弾力がなくなりシワやたるみが生じる

大陰唇の弾力は、コラーゲンや皮膚の水分量だけでなく、皮下脂肪によって作られています。
何らかの理由で皮下脂肪が減少してしまうと大陰唇も一緒に痩せてしまい、シワやたるみを起こす要因になります。

痛みを感じる

大陰唇は、クッションの役割を担っています。
そのため、脂肪がなくなり痩せてしまうとクッションの役割が果たせず、小陰唇や陰核などに直接圧力や刺激を与えてしまう場合もあります。中には、自転車に乗るだけで痛みを感じる方もいらっしゃいます。

色素沈着で黒ずみが生じやすくなる

大陰唇の脂肪が減少してしまうと、小陰唇が色素沈着で黒ずみの原因となりやすいことが知られています。
大陰唇がふっくらしていると下着の擦れを予防・緩和できるため、小陰唇の黒ずみを防ぐことが可能です。
大陰唇が痩せると小陰唇が下着に触れやすくなるため摩擦を起こしやすくなり、そのダメージで色素沈着を起こしやすくなってしまいます。

Not Recommend

大陰唇脂肪注入がおすすめできない方

  • 体調不良の方
  • 長時間同じ体勢で過ごすのが難しい方
  • 血液をサラサラにする薬やサプリメントを飲まれている方

Ineligible People

大陰唇脂肪注入を受けられない方(禁忌)

  • 妊娠中の方
  • B型肝炎・C型肝炎・HIVに感染されている方
  • 免疫状態が低下している方
  • 重度の内科疾患を患っている方
  • 局所麻酔薬にアレルギーを起こしたことがある方
  • 局所麻酔薬のアレルギーをお持ちの方

Difference

脂肪注入とヒアルロン酸注入の違い

脂肪注入とヒアルロン酸注入の違いを説明している看護師

大陰唇をふっくらさせる方法として「脂肪注入」と「ヒアルロン酸注入」の二通りがあります。
「脂肪注入」と「ヒアルロン酸注入」にはどのような違いがあるのか、解説します。

効果の持続期間

脂肪注入とヒアルロン酸注入の大きな違いは効果の持続期間です。
脂肪は自己細胞のため、新しい細胞として注入した脂肪のうち約30%が生着するといわれています。
そのため、3回ほど施術を受けると、個人差はありますが、効果は半永久的に持続します。
一方ヒアルロン酸は、徐々に体に吸収されていくため、1年〜3年ほどの持続期間しかありません。

アレルギーに対する安全性

ヒアルロン酸はアレルギーを起こす可能性が低いため、安全性は高いといえます。
しかし、稀に異物だと体が判断してしまい、しこりになったりアレルギーを起こすことがあります。
一方、脂肪注入であれば、自らの脂肪を使用するため、アレルギーの心配がありません。

Faq

大陰唇脂肪注入のよくあるご質問

大陰唇脂肪注入の施術方法は?

大陰唇脂肪注入を行うために、まずは体の一部から脂肪を採取します。大陰唇に局所麻酔をかけ、左右のバランスを見ながら採取した脂肪を注入し、アフターケアを行って完了となります。

生理中でも受けられますか?

生理中は衛生面などを考慮すると、施術を避けた方がいいです。
よって、なるべく生理日以外でご予約ください。

出産に影響はありますか?

小陰唇は産道よりも外側にあり、出産への影響は考えにくいため、出産の前後どちらでも施術を受けられます。

Price

料金表

脂肪注入採取作成料キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥132,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥115,170(税込)
注入料大陰唇
※別途マイクロカニューレ代
キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥132,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥115,170(税込)

Doctor このページの監修医について

劉奕阳医師

劉 奕陽 Liu Yiyang

e clinic 横浜みなとみらい院医師

経歴

略歴

  • 順天堂大学医学部卒
  • 国保旭中央病院放射線科
  • 都内美容皮膚科
  • 大手美容外科大宮院
  • 都内美容外科
  • eクリニック

資格・専門医

  • ボトックスビスタ® 認定資格医
  • ジュビダームビスタ® 認定資格医

所属学会

  • 日本美容外科学会 正会員

無料カウンセリングのご予約はこちら