フェイスリフト(切開法)

フェイスリフトの手術を受けてフェイスラインが上がった女性

切開フェイスリフトは顔のたるみ改善に効果的な施術です。レーザーや鍼、糸リフトよりも確実なリフトアップができるほか、効果の持続期間も長いのが大きな魅力です。
切開フェイスリフトの基本の原理や手術方法の種類、メリット、デメリットなどを詳しくご紹介していきます。

About

切開フェイスリフトとは

フェイスリフト手術をしているところ

切開フェイスリフトは、皮膚を切開し、皮膚組織や筋膜層を引き上げて縫合するリフトアップ法です。余分な皮膚を切除し、皮膚組織や筋膜層からリフトアップさせるため確かな効果が得ることができます。たるんで皮が大幅に垂れてしまっているときや、確実な変化を得たい時に特におすすめなリフトアップ施術となります。

About

切開フェイスリフトの部位

切開フェイスリフトは切開する部分、引き上げ方によってピンポイントでリフトアップができます。切開フェイスリフトで人気なのは以下のような部位です。

  • 前額
  • 目元
  • 中顔面
  • フェイスライン
  • フルフェイス

それぞれの部位について詳しく見ていきましょう。

前額

前額はおでこや額のシワ改善に効果的な部位です。前額がたるむことにより眉や目元にもシワができやすくなります。前額をリフトアップさせることでおでこや額だけでなく、眉や目元もぐっと引き上げることができ若々しい印象を作ることができます。切開するのは頭髪の中か生え際に沿って行うため傷跡もほとんど目立ちません。

目元

目尻のたるみやシワをピンポイントで引き上げたい方は、こめかみを切開するフェイスリフトがおすすめです。
髪の生え際に沿ってメスを入れ、側頭部から引き上げていきます。目のたるみ改善や目の下のゴルゴ線に効果が期待できることも。他の部位のフェイスリフトと組み合わせることでより若々しい印象になります。

中顔面

目の下から頬前面のたるみが気になる方は、中顔面の切開フェイスリフトがおすすめです。こちらもゴルゴ線とも呼ばれる眼頬溝・鼻頬溝といったシワに効果が期待でき、老け感や疲れた印象を改善することができます。
切開する位置は下まつ毛の際で、目つきが変わらないように垂直に引き上げていきます。目の下のたるみが改善されることにより、ほうれい線も薄くなるため顔の広範囲のたるみやシワが目立ちにくくなります。

フェイスライン

耳たぶからうなじにかけて切開しフェイスラインを引き上げます。フェイスラインのもたつきや顎下のたるみが気になっている方におすすめのリフトアップです。切開の位置を変えれば首のシワ改善にも効果が期待でき、若々しい首元を作ることも可能です。
傷跡は髪の毛で隠すことができ、目立ちにくい場所を選ぶことができます。

フルフェイス

顔全体のリフトアップはフルフェイスリフトと呼ばれる方法がおすすめです。目尻、ほうれい線、フェイスライン、首と全体のたるみとシワを改善し、一気に若々しい印象に。全体を引き上げることで小顔効果も期待できます。こめかみあたりから首までを大きく切開するので、他の切開フェイスリフトと比べると傷跡が大きく、ダウンタイムも長いのが注意点です。
気になる箇所が多い方や一度の手術でたるみやシワをしっかり改善したい方にぴったりな手術方法です。

Method

切開フェイスリフト手術方法の種類

切開フェイスリフト手術方法のイメージ

切開フェイスリフトはどの層から引き上げるかによって仕上がりや効果の持続力が異なります。
日本の切開フェイスリフトの手術方法は以下のような種類があります。

  • SMAS法
  • リガメント法
  • 皮膚のみのリフトアップ

それぞれについて詳しくご紹介していきます。

SMAS法

SMASは顔の表在性筋膜群を指します。顔のたるみは皮膚だけがたるんでいるのではなく、実は表在性筋膜群も一緒にたるんでおり、SMAS法でこれらを一緒に引き上げることでより確実なリフトアップ効果を得ることができます。
一般的であり、効果の高い切開フェイスリフト法として知られている方法です。

リガメント法

リガメントは靭帯のことを指します。靭帯というと脚などにあるイメージですが、実は顔にも靭帯はあり、顔の骨、表在性筋膜群(SMAS)、皮膚をつなぐ大きな役割をになっています。
リガメント法はそんなリガメントを一度切り離し、動かしやすい状態にしてから引き上げ、もう一度縫合するというリフトアップ方法です。皮膚だけをリフトアップさせるのではなく靭帯も一緒に引き上げるため効果が長く持続するのがメリットですが、手術時間が長く、ダウンタイムが長いのがデメリットとなります。

皮膚のみのリフトアップ

表在性筋膜群(SMAS)や靭帯(リガメント)までは触らずに、表面の皮膚だけをリフトアップする方法です。
ただ、こちらの手術方法は顔が引きつられるような違和感を感じたり、合併症を引き起こす可能性があるなどリスクの高い方法でもあります。持続力も高くなく、効果も低いためおすすめしていないクリニックも多いです。

Merit

切開フェイスリフトのメリット

切開フェイスリフトのメリットは以下の通りです。

  • 効果持続期間が長い
  • 効果を実感しやすい
  • 首周りのリフトアップも可能

糸リフトなどの切らないフェイスリフトの効果が半年〜1年ほどなのに対して、切開フェイスリフトは5~10年と効果の持続期間が長いのが魅力です。短いスパンで再手術する必要がないのがメリットといえます。
また、レーザーや鍼治療は効果の感じ方に個人差があり、劇的な変化を望むことが難しいですが、切開フェイスリフトは確実な効果を得ることができます。顔だけでなく首のたるみやシワにも適応しており、首元からのアンチエイジングも可能です。

Demerit

切開フェイスリフトのデメリット

一方で、切開フェイスリフトのデメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • ダウンタイムがある
  • 傷跡が残る可能性がある
  • 値段が高い

メスを入れるため、切開の必要がない糸リフトやレーザー治療、鍼治療と比べると身体的負担が大きいです。ダウンタイムもあり、お仕事や学校などスケジュールを調整しておく必要があります。
生え際など目立ちにくい場所を切開しますが、髪型などによっては傷が気になってしまうことも。傷跡が残る可能性もあるのでその辺りも頭に入れておきましょう。
また、切開フェイスリフトは他のリフトアップ施術と比べると費用は高めです。ただ、効果の持続期間が長いこと、確実な効果を得られることを考えると、トータルで考えれば切開フェイスリフトのほうが経済的負担を減らせる可能性もあります。たるみやシワの程度によっても合う施術方法は異なるので、気になる方は一度カウンセリングで相談してみましょう。

Recommend

切開フェイスリフトはこのような方に向いています

上記のメリット・デメリットを踏まえると、切開フェイスリフトは以下のような方に特におすすめです。

  • 確実なリフトアップ効果を得たい方
  • 顔全体のリフトアップをしたい方
  • 一度の手術で長い効果を得たい方
  • 首元のたるみやシワが気になる方
  • 40代以上の方

大幅なたるみや深いシワなどは他の施術だと、あまり効果を実感できないことも。切開リフトはリフトアップ効果がかなり高いため、確実な若返り効果を得ることができます。
切開を必要とするので、他の施術と比べるとやや大掛かりな手術になりますが、一度手術すれば5~10年と長い期間効果が持続するのも魅力です。
また、切開フェイスリフトは10~20代の若い世代の方よりも40〜60代の年齢肌にお悩みの方におすすめなリフトアップ法です。顔全体のリフトアップができアンチエイジング効果が高いため、年齢によるたるみやシワが気になる方に特にぴったりです。

Flow

切開フェイスリフトの施術の流れ

フェイスリフトの手術中

切開フェイスリフトは以下のような流れで施術を行います。

  1. カウンセリング
  2. マーキング
  3. 麻酔
  4. 切開
  5. リフトアップ
  6. 縫合

手術にかかる時間は、40分から3時間と切開する範囲と手術方法によって変わります。フルフェイスリフトとなると3時間以上かかることもあるので、事前にどれくらい時間がかかるのか確認しておきましょう。
少ない範囲を切開する場合は局所麻酔、広範囲であれば全身麻酔を使用します。切開による痛みなどはなく、全身麻酔であれば眠っているあいだに手術は完了します。ただ、麻酔の注射による痛みはあるのでその時だけ痛みを少し我慢しましょう。
術後は麻酔が覚めるまで休んでから帰宅します。車の運転などは控え、自宅まで距離がある方はタクシーなどを利用して家に帰るようにしてください。
施術後、1週間後に抜糸、1ヶ月後に経過観察を行います。個人差はありますが3~6ヶ月後で腫れが完全に引き、傷跡も目立たなくなり完成となります。

Downtime

ダウンタイムの過ごし方

切開リフトのダウンタイムは1〜2週間ほどです。術後1週間ほどで抜糸を行い、2週間程度は患部を固定するサポーターをつけたり、テーピングをしなければなりません。
ダウンタイム中に出る症状は以下の通りです。

  • 腫れ
  • 内出血
  • つっぱり感
  • 赤み

これらの症状は術後1週間をピークに、2週間ほどで徐々に治っていきます。もし、これ以上に長く続いたり、悪化している場合はクリニックに相談するようにしましょう。
シャワーや洗髪は手術の翌日から可能です。ただ、患部を強くこすったり、刺激したりしないように気をつけましょう。
1週間から2週間は上記のような症状が出るので、会社や学校へ行くのが難しくなります。周りに整形を気づかれたくないという方は少し長めに休暇をとったり、在宅ワークに切り替えたりしてあらかじめスケジュールを調整しておきましょう。

Price

料金表

フェイスリフト皮膚のみキャンペーン価格 ¥616,000(税込)
モニター価格 ¥437,800(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥924,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥656,700(税込)
フェイスリフトスマスキャンペーン価格 ¥748,000(税込)
モニター価格 ¥547,800(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥1,122,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥821,700(税込)
フェイスリフトこめかみキャンペーン価格 ¥308,000(税込)
モニター価格 ¥217,800(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥462,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥326,700(税込)
フェイスリフト額キャンペーン価格 ¥385,000(税込)
モニター価格 ¥327,800(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥577,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥491,700(税込)
ミッドフェイスリフト(中顔面リフト)キャンペーン価格 ¥385,000(税込)
モニター価格 ¥327,800(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥577,500(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥491,700(税込)
バッカルファットリフトキャンペーン価格 ¥308,000(税込)
モニター価格 ¥219,560(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥462,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥329,340(税込)
ハイブリットフェイスリフトキャンペーン価格 ¥374,000(税込)
モニター価格 ¥273,900(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥561,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥410,850(税込)
フェイスリフトスマス
+ネックリフト
※ネックリフトのみはございません
キャンペーン価格 ¥968,000(税込)
モニター価格 ¥759,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥1,452,000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別モニター価格 ¥1,138,500(税込)
前頭筋不動化モニター価格 ¥77000(税込)
飯田秀夫統括技術顧問特別キャンペーン価格 ¥115,500(税込)

Related Column 関連コラム

Doctor このページの監修医について

飯田 秀夫 Hideo Iida

e clinic 統括技術顧問

経歴

略歴

  • 1992年
    東京医科歯科大学医学部卒業
    以降、同大学医学部付属病院、国立がんセンターなどで頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽
  • 2007年
    東京医科歯科大学臨床教授
  • 2009年
    リッツ美容外科東京院
  • 2013年
    リッツ美容外科東京院院長
  • 2014年
    湘南美容クリニック
  • 2018年
    湘南美容クリニック統括技術指導医・辻堂アカデミア院院長
  • 2023年
    eクリニック 横浜みなとみらい院

資格・専門医

  • 日本形成外科学会専門医
  • 医学博士(東京医科歯科大学)

所属学会

  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 国際美容外科学会(ISAPS)会員

無料カウンセリングのご予約はこちら